Living in the Flat World

「世界はフラットになっている」と考えれば、世の中の変化も少し違った見方ができるはず!その考え方のもと、ITを中心に日常生活から世界のニュースまで幅広い題材を取り上げるブログ。

TV

iPadでプレゼン!~プレゼンを”演台”から解放するために~

昨日のエントリでは、「日本で行われるプレゼンでは、いまだに”演台”に後ろに立って行われるのが普通だが、もう演台は使わないようにしたい」と書いた。今日のエントリは、実際に演台を使わないための方法をいくつか紹介したい。

ガー・レイノルズは、「プレゼンテーション zen」の中で次のように書いている。

書見台はスピーカーを権威ある指導者のように見せる効果がある。それゆえ、政治家はたいてい書見台の後ろに立ってスピーチをしたがる。自分を「大物リーダー」に見せることが目的ならば、書見台を使ったほうが適切かもしれない。

だが私が理解する限り、日本で行われるプレゼンテーションで演台(書見台)が使われるのは、別に「権威ある指導者のように見せる」ためではない。誤解を恐れず乱暴な言い方をするならば、もっとずっとつまらない理由からである。

私が考える、日本で演台が使われる理由は下記の3つ。
1) 演台無しでのプレゼンは、まだ一般的でなく、何となく気恥ずかしい
2) パワーポイントのスライドショーの”操作”をするため
3) パワーポイントのスライドショーの”画面”を確認するため

それぞれ「傾向と対策」を考えてみよう。

演台の理由その1) 演台無しでのプレゼンが一般的でなく、何となく気恥ずかしい

これは「理由」と言うよりは、「言い訳」にしかならない。昨日のエントリで紹介した下記のような本は日本でもそこそこ売れていて、スティーブ・ジョブズのようなプレゼンをすることへの関心は高いはずだ。
ジョブズ&zen

さらには昨日も書いたように、欧米流の演台無しプレゼンの数々を紹介する「スーパープレゼンテーション」と番組がNHKテレビで放映されるようになったほどだ。

ジョブズやTEDのようなプレゼンをするには、それなりに習得の難しい技術があり、誰でも簡単に真似ができるわけではない。だが、「演台を無くす」と言うのは、ある意味もっとも簡単な”真似”の第一歩だろう。もちろん、ここでの”真似”は、決して悪い意味ではない。良いものは真似をするべきだ。そして、演台無しのプレゼンは、真似をすべき価値は十分にあると思う。



演台の理由その2) パワーポイントのスライドショーの”操作”をするため

これは、ちょっとしたお金をかけるだけで、一番簡単に解決可能な課題だ。パワーポイントスライドショーのリモコン操作をする機器はたくさん売られている。

例えばこれ。
コクヨのプレゼン用リモコン

Amazonでの購入はこちら。

「プレゼンテーション zen」では、下記のように書かれている。

コンピュータ用のリモコンは比較的安価であり、絶対的な必需品と言える。問答無用で手にいれるべきだ。現在スライド操作をリモコンで行っていないのであれば、リモコンを取り入れることによって、格段の違いが出てくる。

何をもって「高価 or 安価」と言うかは人によって判断が分かれるが、この種のリモコンは実際は安いものでも6,000円以上はするので、誰もが無条件に「安い」とは思わないかもしれない。正直言うと、私も買おうと思って値段を調べた挙句に買うのを躊躇した。

実はリモコンに関しては、もっとずっと安くすます「ワザ」がある。
iPhoneをPC操作用のリモコンに変えてしまう、iPhoneアプリがあるのだ。

複数あるようだが、私が購入して実際に使ってみたのがこれ。
PowerPointリモート
「PowerPoint用スライドショー・リモート」

アプリは450円で買えるので、iPhoneさえ持っていれば、「専用ハードウェアリモコン」よりも相当に安くつく。欠点は、「PCとの接続の面倒さ」だろうか。無線LANの設定や、PC側のアプリのインストール&設定など、それなりに難しいハードルを越えないと動作してくれない。加えて、iPhoneが画面ロックされると操作できなくなるので、時間による画面ロックを解除しておくことも必須だ。


さらに端折った方法として、「普通のワイヤレスマウスをリモコンとして使う」と言うテもある。これなら既に所有している人も多いはずだし、新規に購入するにしても、安いものなら1,000円以下で買えてしまうほど値段が下がってきている。
ワイヤレスマウス

欠点は、スライドショーを「進める」操作は出来ても、「戻す」などの他の操作がが出来ないこと。ただし、「戻す」操作などは滅多に使わないし、もしも必要になった場合はPCに戻れば良いので、この欠点は、それほど致命的なものではなさそうだ。実を言うと、私は上述のiPhoneアプリを購入してしばらく使ったが、最近ではもっぱら「普通のワイヤレスマウス」を、プレゼン時のリモコンとして使用していた。最後に残る欠点としては、「あまりカッコよくない」ことだろうか。


さらにもうひとつ、パワーポイントをリモート操作をするための方法を紹介したいのだが、これはもうひとつの課題(スライドショーの画面確認)の解決にもなるので、それと併せて紹介したい。



演台の理由その3) パワーポイントのスライドショーの”画面”を確認するため

これは演台無しプレゼンを実施するための、一番切実な「課題」だろう。スティーブ・ジョブズのプレゼンやTEDのプレゼンでは、聴衆が見るメインのスクリーンとは別に、「プレゼンターが見るためのモニタスクリーン」が用意されている。これは会場の制約もあるし、用意するにもそれなりの費用がかかるので、いつもこのような「専用モニタ」のある環境でプレゼンができるわけではない。

プレゼンター用のモニタ無しで「演台無しプレゼン」をやるのは無謀だろう。聴衆が見るのと同じモニタを後ろを向いて都度確認していては、「壁を取り除く」効果が全く無いどころか、逆効果になりかねない。


ひとつの解決案は、ノートPCを床の上か、せいぜい小型の椅子の上に置いて、それをプレゼンター用のモニタ画面とすることだ。

図に描くと、こんな感じ。
低い位置にノートPCを置く図

まずはこれが、最も現実的かつ汎用的な解だろう。「プレゼンテーション zen」の作者のガー・レイノルズの講演を実際に見たことがあるが、彼はまさにこの方法を使っていた。

この方法の課題のひとつは、プレゼン中の小さい字が読みにくいことだろうか。ただしこれは「課題」ではあっても「欠点」ではない。そもそもプレゼンのスライドショーに、小さな字を使うこと自体が間違いなのだ。この方法を使ってプレゼンターが読めない文字は、聴衆からも読めない。どんな場所からも読めるように文字を大きくする(そのために文字数そのものを少なくする)ことは、良いプレゼンのための重要な要素だ。

少し話はズレるが、「プロジェクタで読めないほど小さい文字」は、「演台ありプレゼン」と共に、日本で行われるプレゼンテーションではかなり多く見かける。「そんな場合は、手元の紙の資料を読め」と言うことらしいのだが、これも完全に間違った考え方だ。これがなぜ間違っているかを書き始めるとまた長くなるので、別の機会で。

ノートPCを低い位置に置くことのもうひとつの課題(こちらは欠点になりうる)は、プレゼンの途中にデモなどの他の操作をしたい場合に、非常にやりにくく、かつその姿が美しくないことだろうか。多くの場合は、スライドショーだけで済んでしまうので、これはそれほど欠点にはならないかもしれない。

実は今回、その僅かな欠点さえも解決する新しい方法を考えた!

それがこれ(イメージ)。
iPadを使ったプレゼン

iPadでスライドショーを動作させて、それをそのままプロジェクタに写そうと言うもの。
これなら、モニタとして画面の確認も出来るし、スライドショーの操作はもちろん、それ以外の操作もひととおりこなすことができる。実現するためには、いくつか課題もあるが、その課題もほぼ解決できたので、こうしてブログで報告できるようになった。


最初の課題は、iPadの画面をプロジェクタに写すこと。
そのこと自体は、Apple純正のVGAケーブルを使えば解決できる。
iPadとVGAケーブル

だが、アナログケーブルが延びたタブレットを持ちながらのプレゼンは、移動範囲に制約も多いし、なによりも美しくない。この課題は、多少のお金をかければ解決可能だ。

解決策はこれ。
Apple TV

現在1万円以下で売られているApple TVは、無線LAN経由でiPadの画面をそのまま出力する「AirPlay」と言う機能を備えている。
下記のような構成にすれば、ワイヤレスでiPadを持ちながらのプレゼンは可能だ。
AppleTVによるプレゼン構成

iPadでのスライドショー再生に関しては、iPad用のプレゼンアプリであるところの「Keynote」を使っても良いし、Citrix Receiverを使えばPower Pointも利用できる。


2番目の課題は、Apple TVの出力に(多くのプロジェクタで使われる)VGA出力が無く、HDMI出力しか無いこと。最近発売されているプロジェクタならHDMI入力を備えているので問題無いが、古いプロジェクタの多くはHDMI入力を備えていない。

実はこの課題は完全に解決できたとは言えなくて依然として試行錯誤中だ。HDMIからVGAへの変換アダプタもあるらしいのだが、そこそこの値段もするしうまく変換できるかどうかもアヤしそうなのでまだ試していない。(読者の皆さんで、変換アダプタの情報があれば是非お寄せください)


そんなこんなで、実際のプレゼンテーションの場(100人ほどの人たちに聞いていただけた)で実施した様子がこれ。
実際のプレゼンテーションの様子


実際にプレゼンの場で使って明らかになった課題が2つある(後述)が、まあうまく行ったのではないかと思っている。さらに課題を乗り越えて、このやり方を標準化してみたい。


解決すべき課題は次のA)B)2つ。
A) 舞台の造りが”演台無し”を前提にしていなかった
B) iPadを持ち続けることに不便さを感じた


iPadプレゼンの課題A) 舞台の造りが”演台無し”を前提にしていなかった
写真を見ていただければわかるように、この時の舞台の造りがそもそも演台とデモ操作用の机を使うことを前提としており、演台から離れてもデモ用の長机で腰から下が隠れるようになってしまった。長机からさらに離れてスクリーンの下に移動することも、全く出来ないわけではなかったが、「照明が当たらない」とのことで止められてしまった。

正しく「演台無しプレゼン」を行うためには、舞台設計からそれを前提として取り組む必要があるようだ。


iPadプレゼンの課題B) iPadを持ち続けることに不便さを感じた
専用リモコンや(リモコンとして動作する)iPhoneよりは、iPadは格段に重くて大きかった。手の平だけでは「掴んで持つ」ことが出来ないので、「手のひらに載せる」か「腕全体で包み込む」しかない。いずれの持ち方でも、長時間のプレゼンをやりながらはラクではなかった。また、自由な移動や「身ぶり手ぶり」も制限されてしまう。

その後いろいろ調べてみたら、こんなものが売られているのが判った。
iPadハンドヘルドケース
「Rev 360 for iPad」

6,600円らしいのだが、これは是非購入して試してみたい。



この通り、課題はいずれも解決可能なはずなので、次回にプレゼンする機会があれば早速試してみたい。単にTED風の「演台無しプレゼン」を実現するためだけでなく、自分自身の個性を出すための要素にもなるはずなので。



プレゼンを”演台”から解放しよう!

NHK教育テレビで「スーパープレゼンテーション」と言う番組が、この4月からスタートしている。この番組では、  様々な分野の人物がプレゼンテーションを行う「TED Conference」と言う講演会から、選りすぐりの講演(プレゼンテーション)を紹介してくれる。過去のプレゼンテーションは、こちらのTEDのサイトなどで見ることが出来る。それでもテレビの影響力はいまだに大きいので、こうしてNHKの番組で紹介してくれるのは、これまでTEDを知らなかった多くの日本人にもTEDを知ってもらえると言うことで、とても意義深いことだと思う。

私がTEDの存在を知ったのは、2011年の1月のことで、会社の社内トレーニングでTEDの中のひとつの記録映像を見せられたことがきっかけだ。その時のことは、こちらのエントリにまとめてある。


さてここからが今日の本題だが、NHKの番組で紹介されたTEDのプレゼンテーションを見ていて、改めて気づいたことがある。TEDのプレゼンテーションには、(日本で普通に行われるプレゼンテーションとは明らかに異なる)共通の特徴があるのだ。それは、「面白い」とか「うまい」とか言った判断の分かれる曖昧な特徴ではなく、誰でも必ず納得できる明々白々な特徴だ。それは・・・

誰一人「演台」を使っていない!
ということだ。
完全にプレゼンターの「全身」が、聴衆から見えるような形でプレゼンテーションが行われている。

例えばこれ。
TED Conferenceの様子


TEDのプレゼンテーションは、私が見た限りほとんどこのスタイルで行われている。
このような形で「全身を見せて」プレゼンテーションを行うことのメリットを考えるのが、今日のエントリの主題。


実は、あの有名人のプレゼンを扱ったこちらの本にも、「彼」が演台を使わない理由が書かれている。
「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」
スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン
Amazonでの購入はこちら

スティーブ・ジョブズのプレゼンは、おそらくTEDのプレゼンよりも多くの人に見られているので、「ジョブズも演台を使わない」ことは、容易に思い出していただけるのではないか。ジョブズが演台を使わない理由を、本の中から引用してみよう。
ジョブズはめったに腕組みをしないし、演台の後ろに立つこともない。姿勢が常に「開いて」いるのだ。姿勢が開いているというのは、自分と聴衆の間に何もないことを意味する。
デモのときでさえ、ジョブズはコンピューターの隣に座り、聴衆が直接見えるように、また、聴衆から自分が直接見えるようにする。コンピュータを操作するときも終わったらすぐに聴衆のほうを向き、今、何をしたのかを説明する。アイコンタクトがない時間が長く続くことはまずない。1984年にマッキントッシュを発表したときの映像を見ればわかるが、昔はジョブズも演台の後ろに立っていた。その後まもなく演台を使わなくなって今にいたる。(例外は2005年にスタンフォード大学の卒業式で話をしたときくらいだ)。

ここで紹介されている「開いた姿勢」とは、自らの存在感を際立たせるために使われるジョブズ特有の技術のひとつである。~存在感を高めるジョブズのプレゼン技術には、他に「アイコンタクト」と「身ぶり手ぶり」があり、「開いた姿勢」と併せて「ジョブズ流の体を使った3つプレゼン技術」になるのだそうだ~ 

 演台と言う「ひとつの壁」を取り払って、全身を聴衆に見せ、さらに全身を使って表現すれば、聴衆はプレゼンターを身近にに感じられるようになり、聴衆の注意はそれだけプレゼンターに向けられる。もしもジョブズが「演台の後ろ」にずっと立ってプレゼンをしていることを想像して欲しい。それだけでジョブズのプレゼンの魅力がかなり失われてしまうのではないか。


さらには、こちらの本でも演台を使わないことが薦められている。
「プレゼンテーション zen」
プレゼンテーションZEN
Amazonでの購入はこちら

本の中の記述を引用してみよう。
(この本では、「書見台」と記述されているが、文脈から「演台=書見台」であると考えてよいだろう)
私は書見台があまり好きではない。書見台にもそれなりの長所があるし、それを使わざるを得ない場合もある。しかしほとんどの場合、書見台の後ろに立ってスピーチするのは、壁の後ろに立ってスピーチをするようなものである。 
書見台はスピーカーを権威ある指導者のように見せる効果がある。それゆえ、政治家はたいてい書見台の後ろに立ってスピーチをしたがる。自分を「大物リーダー」に見せることが目的ならば、書見台を使ったほうが適切かもしれない。しかし、大方は会議のプレゼンターや、講演者、営業マンである私たちにとって、壁の後ろに立つのは最も避けたいことである。また、書見台がステージの脇に設定されているケースも多い。その場合、プレゼンターが壁の後ろにいることに加えて、スライドが主役として注目を集めることになり、本人の存在が完全に脇役に成り下がってしまう。プレゼンターとスクリーンの両方を(人々の注目が集まる)中央に持ってくることも可能なはずだ。

別に「大物リーダー」に見せようとしているわけではないが、日本で行われる「プレゼンテーション」では、ほとんどの場合「演台」が使われる。
下記の写真は、昨年(2011年)のCitrixのイベントでの私自身の姿。
普通のプレゼン

この写真は、「悪いプレゼン」例だ!今日のエントリの一番上の、TEDの写真と比べて欲しい。プレゼンターと聴衆の間に「壁」があり、全身による「身ぶり手ぶり」も伝わりにくい。実は私の前には、Power Pointを操作するためのパソコンが置かれていて、それでデモなども出来たのだが、そのパソコンさえも「壁」で見えなくなっている。これでは、デモをやったとしても、どんな操作か聴衆には見えない。


これは何とかしたい!
日本でも「演台なしプレゼン」をもっと普及できないものか?


実は「演台なしプレゼン」を、より簡単に実施するためのアイデアを最近思いついた。このアイデアは、「そもそもなぜ日本ではプレゼンで演台が使われるのか?」と言う理由(事情?)を考慮したうえで、その事情からも解放されるように考えたつもりだ。

そしてこのアイデアを、実際のプレゼンの場(100人ほどの人たちに聞いていただけた)で既に試してみた。その「アイデア」の中身と、実施してみての顛末については、次回のエントリで説明したい。お楽しみに。


このBlogについて
シトリックス・システムズ・ジャパン
(株)
に勤務し、自社製品をこよなく愛する山田晃嗣のブログ。

このブログで表明されている見解は、私(山田晃嗣)個人のものであり、シトリックスによって承認されたものではありません。
また、必ずしもシトリックスの見解を反映したものでもありません。
The views expressed here are
mine alone and have not been
authorized by, and do not
necessarily reflect the views
of, Citrix.

ブログ作者山田晃嗣のプロフィールはこちらのページをご参照ください。

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ