Living in the Flat World

「世界はフラットになっている」と考えれば、世の中の変化も少し違った見方ができるはず!その考え方のもと、ITを中心に日常生活から世界のニュースまで幅広い題材を取り上げるブログ。

SYNERGY

Citrix Synergy 2012 San Francisco Keynote メモ

以前のエントリで予告していた通り、Citrix Synergy 2012 San Francisco でのCitrix CEO Mark Templetonのキーノートスピーチ(基調講演)の内容をレポートする。Citrix Synergyキーノートは、現地時間で2012年5月9日(水)午前10時半、日本時間だと5月10日午前2時半から、San Franciscoのモスコーニ・センターで行われた。

今回のエントリは、スピードを最優先にした「メモ」としてお届けしているので、用語の解説などはしておらず、記述も読みにくいところがあるが、どうかご容赦いただきたい。このキーノートを受けての山田個人の所感などは別のエントリにまとめたいと思う。なお、記述内容は、私(山田晃嗣)が実際にスピーチを聞いて理解した内容であり、英語の聞き取りミスなどによって内容的に不正確なことがあるとしたら、それは全て私の責任である。

キーノートの様子(撮影は全てiPhone4Sのカメラより)
synergy1
synergy2
synergy3

============================================
以下、実際のキーノートの内容をメモに基づいて時系列にて
============================================
■いくつかのUpadte
GotoAssist
50Milion sessionsの実績。
新たにGotoAssist for iPad とGoto Assist for Androidを無償にて提供済み。

・WYSE Xenith 2
2年前にXenithを発表したが、今回Xenith2を発表。
40%fasterで、WANに最適化されている。マルチモニタにも対応。

・VDI in a Box
XenDesktopへのアップグレードパスを用意。
2012年の「BEST of INTEROP Award」を受賞。
Dellの「DVS」と言うプリインストールモデルもあり。


・Citrix AppDNA
2014年のWindows XPのサポート終了に向けての有用なツールになるはず。
新バージョンAppDNA6.1は、インストールやGUIをより使いやすく改善している。


・XenClient
かつてはXenClientの競合であった「Virutal Computer」を買収
新たにEnterprise Editionを$175 per Userで提供。


・Microsoftアライアンス
Hyper-VによりVDIの集約率を大幅に向上可能。
Windows8やWindows Server 2012へのいち早い対応を進める。


・Ciscoアライアンス
Cisco VXIはXenDesktopのReference Designになる。


■Innovation Award
最終ノミネートは「SUNCORP」「IDC Frontier」「ESA」の3つ。
投票によって決められたAward Winnerは、ESA。



■キーノート主題

・「PCの時代」から「クラウドの時代」へ
"Exception of PC Era are the New Asumption of Cloud Era"
「PCの時代で『例外』だったことは、クラウドの時代では『前提』となる」
それは例えば「Mobile」「Personal」「Wireless」と言ったこと。


・Work と Life がSeamless Continuum(境目の無い連続体)に
Seamlessになればなるほど便利になるはず。
それをre-Invention(再発明)するのが、Citrixの「Mobile Workstyle」と「Cloud Service」
Mobile Workstyleの構成要素は「People」「Data」「Apps」「Device」の4つ。


・People
People(人々)に対して「Work from anyware, with anyone, on any device」を実現する。
そのためのひとつツールとして、GotoMeeting HD Faces for iPadの提供開始。

加えて、Workflowツールの「Podio」の買収を発表。
元々PodioはEvernoteやDropboxと言ったクラウドサービスと連携したWorkflowツールだったが、
Citrixの買収によりShareFileやGotoMeetingとの連携できるようになった。
GotoMeetingのグループ内でのスケジュール管理や、
グループ内で参照すべきファイルをPodioにより一元管理できるようになった。


・Data
ShareFile with StorageZonesを発表。
StarageZonesは、ShareFileによるファイルの保存先として、
オンプレミスのストレージやクラウドにしても世界のどこのデータセンタかを選択可能にする。
企業のセキュリティ要求に基づいたもの。
まずはTech Previewとして提供。


・Apps
Citrix Receiver with Follw-Me-Dataを7月に発表予定。

Citrix Cloud Gateway2 を発表。
「アプリケーション」と言うと、これまでWindowsアプリが中心だったが、
今後はApple、Android、HTML5と、アプリも多様性が増していく。
そのような多様なアプリの「Unified Store Front」としての役割をCloudGatewayは担う。

キーノートでは次のようなデモを披露した。
まずWindowsのReceiverでで「お気に入りアプリ」を設定し、
それがMacやiPadにデバイスを変えても、「お気に入りアプリ」が維持されることを示した。
(これがFollow-Me-Apps)
併せて、Receiverの「Docs」タブでは、
デバイスが変わってもShareFileによって同じドキュメントが維持されることも見せた。
さらには、iPadのネイティブアプリの配布管理も出来ることを示した。
これは従来のMDM(Mobile Device Management)よりもさらにバリューを提供できるもの。


・Device
上記したAppsとDataは、各デバイスプラットフォーム用のCitrix Receiverにより、
あらゆるデバイスで共通のインタフェースが提供され、
AppsもDataもデバイス間で同じように使える。

・XenDesktop
相変わらずシェアNo.1。
「Total Value of Ownership」の概念を提唱。

FlexCastのいちコンポーネントとして、「Remote PC」をアナウンス。
従来の仮想PCやブレードPCだけでなく、既存のパソコンに対してもHDXでの接続が出来るようになる。
これによって通常のVDIよりも導入コストを大幅に下げることができる。

さらにはHDX 3D Pro Deep Compression CODECと、
Windows8メトロインタフェースの仮想化もデモ。


・HDX Ready System-on-Chip
各デバイスメーカの対応状況を説明。
特にHPの「All in One Zero Client」は、Ethernetによる電源供給が特徴
消費電力が極小のため、電源コードが必要なく、
Ethernetケーブルだけの接続で動作すする。

・Cloud Serviceの4つの構成要素
「Bridge」「Build」「Deliver」「Transform」の4つが、
Citrixの「Powering Cloud Services」の構成要素。

・Bridge
Private CloudとPublic Cloudのブリッジの役目を担うのがCloud Bridge
より構築が容易になったCloud Bridge2を6月にリリース予定。

・Build
Amazon Web ServiceのようなCloudを簡単に構築(Build)できるのがCloudStack。
CloudStackがApache管理になったことにより、
Citrixの有償製品の名称は「CloudPlatform」へ変更。


・Deliver
Cloud Serviceを配信(Deliver)する役目を担うのがNetScaler。
今回あらたにNetScaler10 with TriScale Technologyを発表。
TriScale(3つのスケール)とは・・・
1) Scale Up : Pay as you Grow
2) Scale In : Consolidation
3) Scale Out : Clustering


・One More Thing
4つの構成要素の最後の「Transform」の役割を担う製品としてProject Avalonを発表。
XenDesktop/XenAppのクラウドスタイルサーバオーケストレーションを可能に。
詳しくは明日2日目のキーノートにて説明。


・最後のまとめ
Citrixの5本の柱。
1) Online Collaboration
2) Data Share
3) Desktop & Application
4) Cloud Networking
5) Cloud Platform

「Citrix > Σ(上記5つ)」と定義づけ。


San Franciscoに来ています

本日より米国San Franciscoに来ている。年に2回開催されるCitrixのイベントに参加するためだ。「Citrix Synergy」と呼ばれるこのイベントは、近年では5月頃にSan Franciscoと、10月頃にBarcelonaで開催されるのが恒例になっており、いずれも数千人規模のCitrixのお客様やパートナー様が世界中から集まってくる。パートナー様限定で直前に開催される「Citrix Summit」と併せ、計5日間に様々なセッションが開催される。

中でも目玉となっているのが、CitrixのCEO Mark Templetonによるキーノートスピーチ。
Mark Templeton

毎年、近い将来にリリースされる新製品や新サービスに加えて、Citrixが今後進むべき戦略が発表される。昨年は「PC」と言う言葉を、「Personal Computer」から「Public Cloud」「Private Cloud」「Personal Cloud」の「3PC」に再定義することで、「パソコンの時代」から「クラウドの時代」へのシフトを宣言した。

今年はどんな発表が行われるのか、Citrix社員である私達にもまだ知らされておらず、今から期待が高まっている。このブログでは、他のメディアに負けないくらいに素早く、Synergyのキーノートの内容をレポートするつもりだ。乞うご期待。


-------------
以降は、San Francisco出張に関する個人的な雑感をランダムに。

・時差ぼけ
実はこのブログを書いているのは、現地時間の早朝5時ごろ。時差ぼけで早朝3時ごろに目が覚めてしまった。Synergyに参加するためにSan Franciscoを訪れるのは3年連続だが、毎度毎度時差ぼけの克服には頭を悩まされる。深夜に羽田を発つ便で着ているのだが、機内である程度眠ってきたので、早く目が覚めるのも当然か。実は昨年同じ便で来て、到着してからホテルでよく眠れるように機内で寝ないようにしたのだが、結局その目論見は外れてホテルで十分に眠れなかったので、今年は機内で素直に寝ることにした。さてこの先、時差ぼけの解消にどれくらいかかるものか・・・


・米国経済のバロメータ
San Francisocoの街角には、いわゆる「物乞い」が相当するいる。この数は、米国経済の状況をよく表していて、2年前に比べて1年前は「物乞い」が相当数増えていたことがよくわかった。つまり、1年前は米国経済がどん底で失業率もピークに達していたのだ。今年は去年よりは経済も失業率も回復しているはずで、それに伴って物乞いも減っているのではと予想される。夕方頃にユニオンスクエアからチャイナタウンまでを歩いた限りでは、確かに去年よりは減っていると感じた。今日の昼に改めて確認したい。


・一番寒い冬?
「トム・ソーヤの冒険」で有名な作家マーク・トウェインは、「私が体験した一番寒い冬は、 サンフランシスコの夏だ。」と言う名言(?)を残しているらしい。確かに、San Franciscoの「夜」は夏でもとても寒い。昼間はそこそこ暖かいこともあるので、急激な温度変化に対応しなければいけないのが難しいところ。風邪をひかないように気をつけなければ。


・もうデジカメはいらない?
iPhone 4Sのカメラは、暗いところでも実に綺麗に自然に撮れる。
San Francisco


このBlogについて
シトリックス・システムズ・ジャパン
(株)
に勤務し、自社製品をこよなく愛する山田晃嗣のブログ。

このブログで表明されている見解は、私(山田晃嗣)個人のものであり、シトリックスによって承認されたものではありません。
また、必ずしもシトリックスの見解を反映したものでもありません。
The views expressed here are
mine alone and have not been
authorized by, and do not
necessarily reflect the views
of, Citrix.

ブログ作者山田晃嗣のプロフィールはこちらのページをご参照ください。

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ