ひと月ほど前のエントリで、新しいiPadの音声入力が「かなり使える」ことを紹介した。

さらに前のエントリでは、Citrix Receiver for iPadを使えば、iPad上でWindowsが非常に高速かつ快適に動作することを説明した。

今日のエントリでは、過去に紹介した「iPadの音声入力」「iPadでWindows」の2つが、組み合わせて使えることを紹介する。つまり、WordやExcelと言った典型的なWindowsアプリケーションでも、iPadの音声入力機能を使って、キーボードを使わずに効率的な文字入力が出来るのだ。

まずは下記動画を(音を出したうえで)見て欲しい。


Windows7上で動くMicrosoft Word への文字入力が、音声だけで行われている!

タブレットを使う場合の(パソコンに比べた)不便さのひとつは文字入力のやりくさであるが、iPadの音声入力は、その不便さを相当に解消してくれる。単にタブレットの文字入力の不便さを解消してくれるだけでなく、Windowsアプリケーションと組み合わせて、様々な応用があるのではないだろうか。



-----------
さて一方で、Citrix Receiver for iPadを使ったこのWindowsへの音声入力は、実際に動かすためにいくつか「注意点」が必要になる。以降では、その注意事項を説明したい。

注意1) Windows側の日本語変換はオフにする
仮想Windows側では、日本語変換を無効にして、半角英数字を入力できる状態にしておくこと。
fep
今回紹介した仮想Windowsへの「音声入力」の場合、日本語変換は完全にiPad側の機能を使うため、Windows側日本語変換機能を有効にすると、2つの日本語変換がコンフリクトしてしまい、うまく動いてくれない。


注意2) iPad側のキーボードは、日本語入力の状態にする
これは直接的にはCitrixは関係なく、純粋にiPadの音声入力機能の制限による。
下記のように、キーボードが英語モードだと音声は「英語」と解釈されてしまい、うまく日本語での音声入力が出来ない。
English

正しく日本語で音声入力させるためには、キーボードを日本語入力モードにしておく必要がある。下記図の青い楕円の中のような変換候補表示フィールドが現れていればOK。
日本語



注意3) ソフトウェアキーボード左上の「T」ボタンを押す
これが最重要!Citrix Receiver for iPad利用時は、ソフトウェアキーボード左上に、「A」と「T」の2つのボタンが現れるが、音声入力実行時前に必ず「T」のボタンを押す必要がある。
T

「T」ボタンを押せば、その右隣に入力文字を一時的に格納する欄が出てくるが、これで初めてCitrix Receiver for iPadでの音声入力が可能になる。

ひと通り音声入力が完了したら、入力文字の格納欄の右に「送信」ボタンを押せば、仮想Windows側に文字列が送られる。
送信


なお、このiPad上での音声入力からWindows側への文字列送信の一連の操作は、冒頭で紹介した動画でも確認していただけると思う。
 

新しいiPad(第3世代iPad)と、Citrix環境をお持ちのかたは、 是非お試しあれ。かなり楽しめる!!