Living in the Flat World

「世界はフラットになっている」と考えれば、世の中の変化も少し違った見方ができるはず!その考え方のもと、ITを中心に日常生活から世界のニュースまで幅広い題材を取り上げるブログ。

Why Blog?

Why Blog? ~私がブログを書く理由(その1)~

実は昨年11月にブログを始めた頃からずっと、強く書きたいと思っていたテーマがある。このような形で「ブログを書く理由について」だ。

昨年末には、こんなエントリ(Start With Why)を書いた。2011年初頭の社内研修で、「Why」と言う理由をはっきりさせ、それを人に伝えることの重要性を思い知ったのだ。「Why」の重要性は、ブログに関しても当てはまる。「なぜブログをやっているのか?」を明確にしないままでは、書いてあることに対して読者からの真の共感を得ることなどできるはずもない。

だが、なかなか「Why Blog?」を書くことができなかった。自分の中では「Why Blog?」は分かっているつもりでも、書きたいことが多すぎて整理できないまま、ズルズルと月日が経ってしまっていたのだ。

このままではいつまで経っても書けない。そこで考え方を少し変えることにした。片意地張って「全ての理由」を書こうとせずに、少しずつ少しずつ、思ったことを書いていこうと思ったのだ。今日のエントリのタイトルに(その1)とあるが、(その2)や(その3)もそのうち書くと思う。だが、いつになるかは分からない。個別に書きたいことが整理されたときに少しずつ書いていくつもりだ。


このように考え直したきっかけは、最近この本を読み終えたことにある。


この本、Amazonの書評では低い評価も多く寄せられているが、私にとっては相当に興味深く読むことが出来た。以前から私が頭の中に描いていた「Why Blog?」を、明確に後押ししてくれる内容が、非常に豊富な事例を伴って丁寧に書かれていたからだ。


本の概要としては、タイトルの通り「キュレーション」の重要性が高まっていることの説明である。だが「キュレーション」と言う言葉自体がそれほど知られている言葉ではないかもしれない。元々「キュレーション」とは、博物館や美術館の学芸員の中でもさらに中枢の役割を担う「キュレーター」が行う仕事のことを指していた。「キュレーションの時代」の表現を借りるなら
世界中にあるさまざまな芸術作品の情報を収集し、それらを借りてくるなどして集め、それらに一貫した何らかの意味を与えて、企画展として成り立たせる仕事。
なのだそうだ。

旧来は美術館や博物館に限定された用語だったが、それが最近ではWebの世界でも(特に英語圏に於いて)よく使われるようになってきている。Webでのキュレーターとは、Web上にある膨大な情報に関して「独自の視点で情報を選定し、それを人々に届ける人」と言う意味になる。

そう、これこそまさに私がやりたいことだ!

Citrixの製品を中心に、様々なことに対して「山田晃嗣ならではの視点」を提供したい。そして、その情報は多くの人に喜んでもらえるものになると信じている。

ITに限らず最近の世の中に現れるものは大抵とても複雑で、同じものでも見る角度を少し変えるだけで全く違った見え方をするものが多い。何かに対して独自の視点を発見し、それを情報提供することは、そのモノ自体を造ることと同様に創造的な仕事になるはずだ。

私が勤務するCitrixの製品も同じだろう。私自身は製品の設計や製作に関わっていないが、恐ろしく多機能な製品なので、「独自の視点」による有用な使い方は多々ある。それを提供することは、多くの人々に有用な情報となるはずだ。


一方でこのような私の思いに対しては、次のような突っ込みもあるかもしれない。
「Citrix製品に関しては、既に公式なマーケティングメッセージとして十分な情報が発信されている。『独自の視点』など必要無いし、ましてやCitrixのいち社員が、会社の公式メッセージと異なることを発信するのは、混乱を与えるだけである。」


このような突っ込みがあったとしても、引き続き自信を持って「独自の視点」を提供していこうと思えるようなエピソードが、「キュレーションの時代」の中で紹介されていた。一見ITとは関係無さそうにみえるが、CDショップHMV渋谷店が閉店してしまったことに関してだ。これに対する見解が非常に興味深い。

HMV渋谷店は、2010年夏に業績悪化のために閉店してしまったわけだが、大手CDショップの旗艦店であり、渋谷に集まる音楽的に最先端を行く若者達をさらに牽引する店としても有名だったため、その閉店は一般マスコミにも大きく報道された。それらマスコミの見解は概ね次のようなものだった。

インターネットの音楽配信に押されてCDの売上げが落ち込んでいた。ネットが台頭してきたことが、HMV渋谷弊店の最大の要因。

ところが、「キュレーションの時代」の著者佐々木俊尚さんは、あるブログエントリの記述を引用しながら、上記の大手マスコミの見解に異を唱えている。そのブログエントリとは、「wonderground」と言う音楽レーベル運営されている加藤孝朗さんのブログのこと。

「キュレーションの時代」にも引用されている、 加藤孝朗さんのブログの記述 を、さらにここでも引用してみたいと思う。

ご存知、HMV渋谷は、90年代のある一時期には文化発信基地としての役割を担い、そこからは渋谷系と呼ばれる音楽を世に広めたりした功績を残した。ブームの中心にいつもいるお店だった事は、確かだ。

アルファベット順に置かれた棚以外の壁面のコーナーでは、バイヤー独自の企画で多くのシーンが紹介され、熱いながらも的確な批評も盛り込んだ解説が書かれていた。その解説を元にCDを買い、そして自分の音楽の見識を広めていった。どんどん膨らんでいく自らの知識の常に上を行くバイヤーの情報は、ネットなんぞない時代に確実にメディアの一つとして機能していたし、店にはとにかく客が放つ熱気と興奮で充満していた。

だが、そのうち、徐々にではあるが、HMVは変わっていった。同じく全国に支店を持つ外資系チェーンのタワーレコードと比べ、HMVは洗練された店づくりをするようになり、そういうイメージが定着していた。その時期、タワーが手作り看板に手描きのポップをべたべたと張り雑多な店づくりをしていたのに対し、HMVは綺麗に印刷された看板に、印刷された解説ポップを主流とし始めた。

HMVの各店舗は、ものすごいスピードで画一化されていき、個性を失っていった。その上、各店舗での裁量が制限されたことで店舗のバイヤーのやる気が明らかに低下し、直接プレゼンに行っても、熱心に話を聞いてくれる人が明らかに減っていった。

HMV渋谷の閉店。これは、確かに一つの時代の閉幕を意味する。が、これは時代の変化や、音楽販売を取り巻く環境の変化が招いた結果ではなく、HMVの経営姿勢が招いた結果だと、少なくとも僕は思っている。

HMV渋谷店の閉店は、とっくの昔に予想できていた。六本木にあったHMVの本社オフィスは、全く音楽の匂いのする場所ではなかった。だから、驚くべきことじゃないし、今更、メディアが大きく取り上げることでもない。配信や、アマゾンが、閉店の理由でもない。

結局は、人なんだよ。結局は、音なんだよ。


私が提供する「独自の視点」も、「熱いながらも的確な批評」として読者の皆様に受け取っていただき、有用情報源のひとつとしていただけることを目指して、このブログを続けて行きたい。

引越し完了!ブログ名も変えて、新たな出発

私(山田晃嗣)が運営していた旧ブログ(Lecture notes in Psychohistory)の読者の皆様、大変お待たせいたしました。ようやくブログの引越しが完了し、旧ブログでの過去の記事をひと通りこちらの新ブログ(Living in the Flat World)に移し変えました。 もちろん今後の新たなエントリも、こちらのブログに追加していきますので、今後ともご愛読のほど、よろしくお願いいたします。

今日のエントリでは、こちらの新しいブログのタイトル「Living in the Flat World」に含めた私の思いを語らせていただきます。

----------------------------
新ブログ名称:「Living in the Flat World(平らな世界での生活)」とは?

私がこれまでに読んだ本の中で、最も強烈な印象を受けた本の中のひとつである、下記の本から「Flat World(平らな世界)」と言うキーワードを拝借している。
 フラット化する世界
<Amazonでの購入はこちら(普及版) >

この本は、リーマンショック以前に出版された本であるため、グローバリズムを礼賛しすぎていている点で、少々突っ込みどころの残る本ではある。しかしそれを差し引いても、まだまだ十分に読む価値のある本だと思う。今世界で起きている「変化」の実態とその理由を、的確にわかりやすく表現している点で、他の本の追随を許さない。何よりも、「The World Is Flat (世界は平らだ)」と言う、簡潔かつ刺激的なタイトルが素晴らしい。単に刺激的なだけではない。本当に「世界はフラットだ」と実感することが、最近益々多くなってきているのだ。

どうして「世界はフラット」と言えるのか?

例えば20年前の日本とインドの関係は、決して「フラット」ではなかった。インド人として産まれるよりも、日本人として産まれたほうが、明らかに恵まれていたと言える。日本人とインド人が、ビジネスにおける「競技場」で戦う必要が生じることは滅多に無かったし、仮に戦うにしても、あらゆるルールは日本人に有利に出来ていた。競技場は決してフラットでは無かったのである。

2012年現在はどうだろう?我々日本人がインド人と ビジネスの世界で 戦うことは珍しくなくなった。それでもまだ少しは日本人に有利なハンディキャップは残っているかもしれない。しかし、今少しあるハンディキャップが、今後益々少なくなっていくであろうと言う予測に、意義を唱えられる人はほとんどいないのではないか。我々は知らず知らずの間に、「日本人である特権」に甘えてきたが、そんな特権はもう長続きしない。個人個人が「Flat World」と言うハンディの無い世界で、インド人や中国人達と戦わなければいけないのだ。

悲観すべきことばかりではない。

「情報の伝達」も、明らかにフラットになった。20年前は、テレビや大手新聞を頂点としたマスコミが高い位置にあり、その他の人々は低い位置しかいなかった。水が上から下に流れるかのごとく、情報伝達もほぼ完全な一方通行でしかなかった。マスコミに縁の無い「普通の人」が何らかの情報発信をして、それを多数の人に広めることは「広告料」に莫大な資金を費やさない限りは、どだい不可能なことだった。

2012年の現在なら、何の資金も持たない「普通の人」が、何百万人を相手に情報発信をして、世論の動向を変えてしまうことは決して不可能なことではない。普通の人々でも、平らな競技場で大手マスコミと戦うことができるのだ。

下記は、「フラット化する世界」からの抜粋。
グローバリゼーション3.0は、世界をSサイズからさらに縮め、それと同時に競技場を平坦に均した。また、グローバリゼーション1.0の原動力が国のグローバル化であり、2.0の原動力が企業のグローバル化であったのに対し、3.0の原動力--これにたぐいまれな特徴を与えている要素--は、個人がグローバルに力を合わせ、またグローバルに競争をくりひろげるという、新しく得た力なのである。
ちなみに英語オリジナルだとこちら。
Globalization 3.0 is shrinking the world from a size small to a size tiny and flattening the playing field at the sama time. And while the dynamic force in Globalization 1.0 was countries globalizing and the dynamic force in Globalization 2.0 was companies globalizing, the dynamic force in Globalization 3.0 --- the force that gives it its unique character --- is the newfound power for individuals to collaborate and compete globally.

このフラットな世界に住んで(まさにLiving in the Flat World)、これから私はどうすればよいのだろう?

少なくとも私にとっては、このブログでの個人での情報発信を続けることこそ、今一番やらなければならないことだと思っている。その理由を、物凄く端折って書くと、下記の通り。
・私の周りで起きている多くのことは、今後世界が「より極端にフラット化」するための要因なのではないか。
・そうした出来事をただ漠然と見て感じるよりも、こうして文章化したほうが整理しやすい
・情報発信を続けることが、フラットな世界を生きていく上での武器になるかもしれない。


取り留めの無いエントリになりましたが、今後も情報発信は続けます。よろしくお願いいたします。

2011年を振り返って<その1> Start with Why

注:このエントリを実際に執筆しているのは、2012年が明けてからのこと。ただし文章の構想を練っていたのは2011年末であり、時系列をすっきりさせるために、エントリの日付を2011年末とさせていただいた。2011年末日付のエントリは、この後にも続ける予定。 


激動の2011年もあと僅か。あくまで個人的なレベルではあるが、この1年間にわたって考え続けていたことを、今のうちにまとめておきたい。複数のトピックを複数日にわたって書いていくつもりだ。

今日の第1回目のエントリは、2011年1月にシトリックスの社内イベントで見せられて以来、常に私の頭の中で繰り返し繰り返し脳内再生されてきた動画について。

その動画は、インターネットで一般に公開されており、英語での説明ではあるが日本語字幕もつけられている。18分程度の長さなので、その時間が取れるのならば、是非全編見てほしい。


Simon Sinek: How great leaders inspire action 

動画の内容を要約すると、下記になる。

例えばAppleのように、常に革新的なことをやり続ける企業の秘密はどこにあるのか?サイモン・シネックは、「Golden Circle」と名づけた、下記の図にこそ秘密があると説く。 
Golden Circle from
「なにを(What)」と「どうやって(How)」と「なぜ(Why)」で作られるこの図。どんな企業も、自分たちが「何を(What)」やっているかは分かっている。その中の一部の企業は、うまい「やり方(How)」も十分に分かっている。ところが、自分たちが「なぜ(Why)」それをやっているか十分に分かっていて、その意識が社員にも顧客にも共有されている企業は、意外なほど少ない。えてして「なにを(What)」のほうが具体的で分かりやすく、「なぜ(Why)」は抽象的で分かりにくくなってしまうからだ。

ここで注意しなくてはいけないのは、「お金を稼ぐ」ことは「なぜ(Why)」の答えにはならない。「お金を稼ぐ」ことは「結果」であるし、(他の企業ではなく)当のその企業が存在することの理由にはならない。

上記Golden Circleの図で言うなら、外側から内側に矢印が向くのが、一般的な企業の傾向だ。まず、製品(やサービス)を作り、その機能・性能上の特徴(How)を定義づける。なぜ(Why)それを作っているかの説明は、明快でない場合のほうが多い。

ところがごく一部の企業では、Golden Circleの中心から外側に向かって矢印が伸びる。

携帯音楽プレーヤーを例にあげると分かりやすい。AppleのiPod以前にも、携帯音楽プレーヤは、Sony、Panasonic、Dellと言ったそうそうたる企業が参入していた。しかしどれもこれと言った成功は得られなかった。AppleのiPodだけが、他とは比較にならないほどの成功を得られたのだ。いったいそれはなぜか? Appleには「音楽の聴き方を根本から変える。」「人々の生活スタイルを変える」「音楽ビジネスのあり方を変える。」と言う、明快な「なぜ(Why)」があったからに他ならない。

その他、ライト兄弟が、人材や資金の面で遥かに上回るライバルたちを差し置いて世界初の有人動力飛行に成功した事例や、マーチン・ルーサー・キングが当時のその他の市民活動家よりも圧倒的な支持を得た事例も、この「なぜ(Why)」を中心としたGolden Circleで説明できる。 

------------------

2011年の1月にこの動画を見せられて以来、「一年間『Star with Why』と一緒に居た」と言っても良いくらい何度も何度もこの言葉を反芻してきた。

シトリックスの「Why」は何か?

「企業情報システムのあり方を変える。」ことだ(と少なくとも私は考えている)。

ただし、「Why」の次に続くはずのシトリックスの「How」や「What」は、残念ながらAppleのそれ(美しい意匠に誰にでも判りやすい直感的な操作)ほどは単純ではない。実に多種多様な「How」と「What」がある一方で、それらは結構複雑でわかりにくい。しかしながら、そこにこそ私(山田)が存在する「Why」があると思っている。

では山田晃嗣の「Why」は何か?

「一見判り難いシトリックスの『How』と『What』を、誰よりも判り易く説明すること」に私の存在理由があると考えている。そしてそれは、「Do what you love」と言う、私が2011年に反芻したもうひとつのキーワードとも一致している。「Do what you love」に関しては、また別の機会に。 
このBlogについて
シトリックス・システムズ・ジャパン
(株)
に勤務し、自社製品をこよなく愛する山田晃嗣のブログ。

このブログで表明されている見解は、私(山田晃嗣)個人のものであり、シトリックスによって承認されたものではありません。
また、必ずしもシトリックスの見解を反映したものでもありません。
The views expressed here are
mine alone and have not been
authorized by, and do not
necessarily reflect the views
of, Citrix.

ブログ作者山田晃嗣のプロフィールはこちらのページをご参照ください。

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ