Living in the Flat World

「世界はフラットになっている」と考えれば、世の中の変化も少し違った見方ができるはず!その考え方のもと、日常生活から世界のニュースまで幅広い題材を取り上げるブログ。

Living in the Flat World イメージ画像

仕事

NHK教育テレビの「スーパープレゼンテーション」を見ていて思ったのですが、番組で紹介されるTEDのプレゼンでは、ほぼ100%「演台」は使われません。逆に日本のプレゼンでは、ほぼ100%「演台」が使われます。そろそろ日本でも、「演台」に別れを告げるべきではないかと考えて、エントリにまとめました。
『プレゼンを”演台”から解放しよう!』の画像

さて読者のみなさん、下記の赤字で書いた文を読んでどのような印象を持たれるだろうか?福島第一原発事故から出た放射性物質による東京都民への被ばくの量は、原発事故が起きなかった場合に比べて10%以上も増加していることが分かりました。また、東京都が事故直後に食品の出
『印象操作と言葉の裏の吟味』の画像

あの震災から、ちょうど一年が過ぎた。震災で被災された方々には、あらためて心よりのお見舞い・ご冥福をお祈りいたします。今日はテレビ各局とも震災関連の特番が放送され、私も家族と一緒にそれら番組を見ていたた。それにしても、改めてテレビで振り返ると、その被害の大

1月8日から12日の5日間、会社の研修でマカオに滞在していた。私が勤めるCitrixでは、1月の年度スタート時に社員を集めた研修イベントを行うのが慣例になっている。数年前までは、本社のあるフロリダに世界中の社員が集まっていたのだが、昨今では社員の数が増えすぎて一箇所

注:このエントリを実際に執筆しているのは、2012年が明けてからのこと。ただし文章の構想を練っていたのは2011年末であり、時系列をすっきりさせるために、エントリの日付を2011年末とさせていただいた。 <前日エントリからの続き>震災当日の出来事と、そこから得られた

注:このエントリを実際に執筆しているのは、2012年が明けてからのこと。ただし文章の構想を練っていたのは2011年末であり、時系列をすっきりさせるために、エントリの日付を2011年末とさせていただいた。 <前日エントリからの続き>【食料の確保と帰宅について】震災の日

注:このエントリを実際に執筆しているのは、2012年が明けてからのこと。ただし文章の構想を練っていたのは2011年末であり、時系列をすっきりさせるために、エントリの日付を2011年末とさせていただいた。 2011年を振り返って何か語るのであれば、あの震災のことを避けて通

・氏名:山田 晃嗣(やまだ こうじ)「晃嗣」は、それほど多い名前ではないはずだが、Webで「山田晃嗣」を検索すると、全くの同姓同名がたくさんいて驚かされる。大学の先生や、社長さん。最近では、馬術会のホープにも同姓同名がいる。ある人から聞いたところによると、この名
『Blog作者 山田晃嗣のProfile』の画像

↑このページのトップヘ