Living in the Flat World

「世界はフラットになっている」と考えれば、世の中の変化も少し違った見方ができるはず!その考え方のもと、ITを中心に日常生活から世界のニュースまで幅広い題材を取り上げるブログ。

日常

今日からBlogタイトル変更

<2012年4月8日追記>
実は当ブログは、過去に2度の「ブログ名変更」をしている。つまり、現在の「Living in the Flat World」と言うBlogタイトルは、”三代目”のブログ名称になる。

下記のエントリは、1回目のブログ名変更をしたときのもの。二代目のブログ名称は、「Lecture notes in Psychohistory」と言う難解で長ったらしいものだったが、個人の思い入れはそれなりに強いものだった。その思い入れについて語っているこのエントリは、今となってはマヌケな内容になってしまっているが、あえて記録として残しておこうと思う。

--------------------------------------------------------
ちょっとした大人の事情があって、本日からブログのタイトルを変更した。
新Blogタイトルは「Lecture notes in Psychohistory」!
ほとんどの人には意味不明のタイトルだと思うので(ある意味それを狙っている)、今日のエントリでは、このBlogタイトルの意味を説明しておきたい。

「Lecture notes in Psychohistory」は、日本語で書くと「心理歴史学の講義ノート」になる。
「心理歴史学」と言うのは、あるSF小説に出てくる架空の学問分野のことで、詳細は後述するが、数学的な計算によって「未来予測」をある程度の正確性をもってできるようにするものだ。

傲岸不遜も甚だしいことではあるが、このBlogでも心理歴史学のように何らかの未来予測ができれば良いな、との思いを込めたかったのが一つの理由。そして何より、この架空の学問が登場するSF小説「ファウンデーション」の一連のシリーズと、その作者であるアイザック・アシモフが大好きなので、それにあやかったタイトルを付けたかったのだ。

架空の学問「心理歴史学(Psychohistory)」が登場するのは、こちらの「ファウンデーション」と言う小説の中。
ファウンデーション
Amazonでの購入はこちら

【小説のあらすじ】
天才数学者のハリ・セルダンは、「個々の人間の行動を予測することは難しくても、十分な数の集団の行動であれば、かなりの正確性で予測できる」とする「心理歴史学」を確立した。その心理歴史学の計算によれば、現在隆盛を誇る銀河帝国は近いうちに崩壊し、それを止める手立てはもはや無い。崩壊の後には暗黒の時代となってしまうが、このまま何もしなければ3万年続く暗黒時代を、30分の1の期間の千年に短縮することなら、心理歴史学を駆使すればまだ可能だ。
その方法とは、帝国の中心から遠く離れた最辺境の惑星に科学者を集めて、「銀河大百科事典」を編纂するための財団(ファウンデーション)を設立することだった(!?)。当のファウンデーションは、隠された真のミッションを知ることもなく、百科事典を完成させるために、近隣の惑星や帝国本体との戦争の危機を何とか切り抜けていく。そして思わぬ成長を遂げていくことになる。


【山田の書評】
この小説は私の最も愛する小説で、何度も何度も読み返したが一向に飽きなくて、読むたびに新鮮な驚きを与えてくれる。上で説明した「心理歴史学」は、出版された1942年時点では単なる空想上の学問でしかなかったが、その「十分な数の集団であれば予測が立てられる」と言うコンセプトは、現代の様々な学問で使われていると言える。
「心理歴史学」を創作した、作者のアイザック・アシモフの未来予測能力には感服するばかりだが、この小説の最大の驚きは「巨大組織崩壊の被害を最小限にするために、遠く離れた所に新しい組織を作る」と言う戦略だろう。実はこれと同じ戦略が、1997年に出版された有名ビジネス書にも書かれている。
イノベーションのジレンマ
Amazonでの購入はこちら

この「イノベーションのジレンマ」では、現時点で素晴らしい技術を持った巨大企業も、「破壊的テクノロジー」の登場によって衰退・崩壊してしまうことが避けられれないことを示している。そしてその崩壊は、どんなに良い経営判断でも避けられないと言うのだ。(ケーススタディとして、かつてミニコンの世界で隆盛を誇っていたDEC(Digital Equipment)が、「パソコン」と言う破壊的テクノロジーの登場によって衰退・崩壊した実話を挙げている)
既存の巨大企業が破壊的テクノロジーに対処するための唯一の手段として、作者クレイトン・クリステンセンが紹介しているのが、実は50年以上前にアシモフが提唱したことと同じ「地理的に遠く離れた場所に新組織を作る」ことなのだ!

【閑話休題】
ホンダの二足歩行ロボットASIMOの名称は、公式には「Advanced Step in Innovative Mobility」の略だとされている。しかし、アイザック・アシモフの別の小説内で提唱された「ロボット工学三原則」へのオマージュとして、「ロボットASIMO」は「偉大な小説家アシモフ」を意識してつけられた名前であることは明らかだろう。
ロボットASIMO
  二足歩行ロボットAsimo

【ロボット工学三原則】
第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。


アシモフよ永遠なれ!
アイザック・アシモフ



さらばiPhone 3GS、こんにちはiPhone 4S

会社から新しい携帯電話が支給された。最新のiPhone 4Sである。と同時に、2年間お世話になったiPhone 3GSを返却することになった。その別れの記念の意味も込めて、新旧2つ並んでパチリ。
      左:iPhone 4S         右:iPhone 3GS
iPhones
 
「3GS と 4」あるいは「4 と 4S」の比較はよく行われていても、ひとつ間を挟んだ「3GS と 4S」の比較は、あまり行われていないのではないか。実際は私のように2年周期で機種を変える場合が多いので、2年越しのモデル比較は重要だと思うのだが、マスコミ的には地味なネタになってしまうのかもしれない。

さて、新しいiPhone 4Sを手にしての感想.

予想や期待よりも遥かに進化していて驚いた!

まず明らかな違いがそのスピード。かつては3GSでも概ね問題無く使えていたのだが、最近iOS5に上げてから、かなりイライラするほど遅くなっていた。特にSafariブラウザでの複数ページ切り替えは、必ず一呼吸固まった状態を挟むために相当イライラささられていた。それが4Sでは、同じiOS5でも「一呼吸固まる」と言う動きは全く見られず、実に快適にスムーズに動くようになった。ムーアの法則の恩恵が大部分かと思うが、iOS5自体が4Sのハードウェアに最適化されているのかもしれない。

次にディスプレイの鮮やかさ。言われている解像度の違いまでは分からないが、色合いは明らかに異なる。最初に紹介した写真でも、4Sのディスプレイのほうが鮮やかに写っていることをご確認いただけると思う。さらに角度をつけた下の写真は、それがさらに顕著になる。

iPhones2


斜めから見ると、3GSでは色合いが相当に薄れて霞んでしまうが、4Sではまだまだ鮮やかに見える。ちなみに、4Sは液晶カバーを付けていて、3GSでは返却するために液晶カバーを外しているので、条件的には3GSのほうが良いはず。それでも4Sのほうが、遥かに色合いは良い。

あとは細かい話だが、カメラにフラッシュ機能がついたことはありがたい。実は昨日、同僚の送別会があって、飲み屋の暗い店内で写真を撮ったのだが、十分に明るい写真が撮ることが出来たのは実にありがたかった。


ちなみに、古い3GSから新しい4Sへのデータ移行は、こちらの手順により実に簡単にスムーズに出来た。アドレス帳、写真、メール、曲データの全て完璧。このあたりは、ガラケーよりも遥かにユーザ本位と言ってよい。各種パスワードのみ移行できず、手動での再入力となるが、これは「正しい仕様」とのこと。




Blog作者 山田晃嗣のProfile

・氏名:山田 晃嗣(やまだ こうじ)
「晃嗣」は、それほど多い名前ではないはずだが、Webで「山田晃嗣」を検索すると、全くの同姓同名がたくさんいて驚かされる。大学の先生や、社長さん。最近では、馬術会のホープにも同姓同名がいる。ある人から聞いたところによると、この名前は姓名判断的に極めて良い組み合わせらしく、確かにWebの姓名判断サイトでは、恥ずかしいくらいの高評価が出てしまう。


・勤務先:シトリックス・システムズ・ジャパン(株)
2004年3月から現職。「システムズエンジニアリング本部」に所属し、肩書きは「リード・システムズエンジニア」。いわゆる「プリセールスエンジニア」と呼ばれる職種で、お客様や販売パートナー様に対して製品の技術的な良さを伝えることが役割。自社製品を心の底から愛しており、現在の仕事は天職だと思っている。


・(仕事上の)特技
人前でしゃべること。難しいことを分かりやすく噛み砕いて説明すること。一見つまらなさそうなトピックを、面白おかしく脚色して興味を持たせること。説明する相手の人数が多ければ多いほど緊張が無くなり気持ちが乗ってくる。これらは一般的には「プレゼンテーションスキル」と呼ばれているかもしれないが、「私が特技とすること」と「プレゼンテーション」は、少し違うと思っている。

・メールアドレス
コメント欄に書きにくい個別メッセージは、下記メールアドレスまで。
mail
 
<写真左:1997年バンド活動の図>
<写真右:2007年Citrixイベントでの図>

このBlogについて
シトリックス・システムズ・ジャパン
(株)
に勤務し、自社製品をこよなく愛する山田晃嗣のブログ。

このブログで表明されている見解は、私(山田晃嗣)個人のものであり、シトリックスによって承認されたものではありません。
また、必ずしもシトリックスの見解を反映したものでもありません。
The views expressed here are
mine alone and have not been
authorized by, and do not
necessarily reflect the views
of, Citrix.

ブログ作者山田晃嗣のプロフィールはこちらのページをご参照ください。

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ