Living in the Flat World

「世界はフラットになっている」と考えれば、世の中の変化も少し違った見方ができるはず!その考え方のもと、ITを中心に日常生活から世界のニュースまで幅広い題材を取り上げるブログ。

読書

Why Blog? ~私がブログを書く理由(その1)~

実は昨年11月にブログを始めた頃からずっと、強く書きたいと思っていたテーマがある。このような形で「ブログを書く理由について」だ。

昨年末には、こんなエントリ(Start With Why)を書いた。2011年初頭の社内研修で、「Why」と言う理由をはっきりさせ、それを人に伝えることの重要性を思い知ったのだ。「Why」の重要性は、ブログに関しても当てはまる。「なぜブログをやっているのか?」を明確にしないままでは、書いてあることに対して読者からの真の共感を得ることなどできるはずもない。

だが、なかなか「Why Blog?」を書くことができなかった。自分の中では「Why Blog?」は分かっているつもりでも、書きたいことが多すぎて整理できないまま、ズルズルと月日が経ってしまっていたのだ。

このままではいつまで経っても書けない。そこで考え方を少し変えることにした。片意地張って「全ての理由」を書こうとせずに、少しずつ少しずつ、思ったことを書いていこうと思ったのだ。今日のエントリのタイトルに(その1)とあるが、(その2)や(その3)もそのうち書くと思う。だが、いつになるかは分からない。個別に書きたいことが整理されたときに少しずつ書いていくつもりだ。


このように考え直したきっかけは、最近この本を読み終えたことにある。


この本、Amazonの書評では低い評価も多く寄せられているが、私にとっては相当に興味深く読むことが出来た。以前から私が頭の中に描いていた「Why Blog?」を、明確に後押ししてくれる内容が、非常に豊富な事例を伴って丁寧に書かれていたからだ。


本の概要としては、タイトルの通り「キュレーション」の重要性が高まっていることの説明である。だが「キュレーション」と言う言葉自体がそれほど知られている言葉ではないかもしれない。元々「キュレーション」とは、博物館や美術館の学芸員の中でもさらに中枢の役割を担う「キュレーター」が行う仕事のことを指していた。「キュレーションの時代」の表現を借りるなら
世界中にあるさまざまな芸術作品の情報を収集し、それらを借りてくるなどして集め、それらに一貫した何らかの意味を与えて、企画展として成り立たせる仕事。
なのだそうだ。

旧来は美術館や博物館に限定された用語だったが、それが最近ではWebの世界でも(特に英語圏に於いて)よく使われるようになってきている。Webでのキュレーターとは、Web上にある膨大な情報に関して「独自の視点で情報を選定し、それを人々に届ける人」と言う意味になる。

そう、これこそまさに私がやりたいことだ!

Citrixの製品を中心に、様々なことに対して「山田晃嗣ならではの視点」を提供したい。そして、その情報は多くの人に喜んでもらえるものになると信じている。

ITに限らず最近の世の中に現れるものは大抵とても複雑で、同じものでも見る角度を少し変えるだけで全く違った見え方をするものが多い。何かに対して独自の視点を発見し、それを情報提供することは、そのモノ自体を造ることと同様に創造的な仕事になるはずだ。

私が勤務するCitrixの製品も同じだろう。私自身は製品の設計や製作に関わっていないが、恐ろしく多機能な製品なので、「独自の視点」による有用な使い方は多々ある。それを提供することは、多くの人々に有用な情報となるはずだ。


一方でこのような私の思いに対しては、次のような突っ込みもあるかもしれない。
「Citrix製品に関しては、既に公式なマーケティングメッセージとして十分な情報が発信されている。『独自の視点』など必要無いし、ましてやCitrixのいち社員が、会社の公式メッセージと異なることを発信するのは、混乱を与えるだけである。」


このような突っ込みがあったとしても、引き続き自信を持って「独自の視点」を提供していこうと思えるようなエピソードが、「キュレーションの時代」の中で紹介されていた。一見ITとは関係無さそうにみえるが、CDショップHMV渋谷店が閉店してしまったことに関してだ。これに対する見解が非常に興味深い。

HMV渋谷店は、2010年夏に業績悪化のために閉店してしまったわけだが、大手CDショップの旗艦店であり、渋谷に集まる音楽的に最先端を行く若者達をさらに牽引する店としても有名だったため、その閉店は一般マスコミにも大きく報道された。それらマスコミの見解は概ね次のようなものだった。

インターネットの音楽配信に押されてCDの売上げが落ち込んでいた。ネットが台頭してきたことが、HMV渋谷弊店の最大の要因。

ところが、「キュレーションの時代」の著者佐々木俊尚さんは、あるブログエントリの記述を引用しながら、上記の大手マスコミの見解に異を唱えている。そのブログエントリとは、「wonderground」と言う音楽レーベル運営されている加藤孝朗さんのブログのこと。

「キュレーションの時代」にも引用されている、 加藤孝朗さんのブログの記述 を、さらにここでも引用してみたいと思う。

ご存知、HMV渋谷は、90年代のある一時期には文化発信基地としての役割を担い、そこからは渋谷系と呼ばれる音楽を世に広めたりした功績を残した。ブームの中心にいつもいるお店だった事は、確かだ。

アルファベット順に置かれた棚以外の壁面のコーナーでは、バイヤー独自の企画で多くのシーンが紹介され、熱いながらも的確な批評も盛り込んだ解説が書かれていた。その解説を元にCDを買い、そして自分の音楽の見識を広めていった。どんどん膨らんでいく自らの知識の常に上を行くバイヤーの情報は、ネットなんぞない時代に確実にメディアの一つとして機能していたし、店にはとにかく客が放つ熱気と興奮で充満していた。

だが、そのうち、徐々にではあるが、HMVは変わっていった。同じく全国に支店を持つ外資系チェーンのタワーレコードと比べ、HMVは洗練された店づくりをするようになり、そういうイメージが定着していた。その時期、タワーが手作り看板に手描きのポップをべたべたと張り雑多な店づくりをしていたのに対し、HMVは綺麗に印刷された看板に、印刷された解説ポップを主流とし始めた。

HMVの各店舗は、ものすごいスピードで画一化されていき、個性を失っていった。その上、各店舗での裁量が制限されたことで店舗のバイヤーのやる気が明らかに低下し、直接プレゼンに行っても、熱心に話を聞いてくれる人が明らかに減っていった。

HMV渋谷の閉店。これは、確かに一つの時代の閉幕を意味する。が、これは時代の変化や、音楽販売を取り巻く環境の変化が招いた結果ではなく、HMVの経営姿勢が招いた結果だと、少なくとも僕は思っている。

HMV渋谷店の閉店は、とっくの昔に予想できていた。六本木にあったHMVの本社オフィスは、全く音楽の匂いのする場所ではなかった。だから、驚くべきことじゃないし、今更、メディアが大きく取り上げることでもない。配信や、アマゾンが、閉店の理由でもない。

結局は、人なんだよ。結局は、音なんだよ。


私が提供する「独自の視点」も、「熱いながらも的確な批評」として読者の皆様に受け取っていただき、有用情報源のひとつとしていただけることを目指して、このブログを続けて行きたい。

引越し完了!ブログ名も変えて、新たな出発

私(山田晃嗣)が運営していた旧ブログ(Lecture notes in Psychohistory)の読者の皆様、大変お待たせいたしました。ようやくブログの引越しが完了し、旧ブログでの過去の記事をひと通りこちらの新ブログ(Living in the Flat World)に移し変えました。 もちろん今後の新たなエントリも、こちらのブログに追加していきますので、今後ともご愛読のほど、よろしくお願いいたします。

今日のエントリでは、こちらの新しいブログのタイトル「Living in the Flat World」に含めた私の思いを語らせていただきます。

----------------------------
新ブログ名称:「Living in the Flat World(平らな世界での生活)」とは?

私がこれまでに読んだ本の中で、最も強烈な印象を受けた本の中のひとつである、下記の本から「Flat World(平らな世界)」と言うキーワードを拝借している。
 フラット化する世界
<Amazonでの購入はこちら(普及版) >

この本は、リーマンショック以前に出版された本であるため、グローバリズムを礼賛しすぎていている点で、少々突っ込みどころの残る本ではある。しかしそれを差し引いても、まだまだ十分に読む価値のある本だと思う。今世界で起きている「変化」の実態とその理由を、的確にわかりやすく表現している点で、他の本の追随を許さない。何よりも、「The World Is Flat (世界は平らだ)」と言う、簡潔かつ刺激的なタイトルが素晴らしい。単に刺激的なだけではない。本当に「世界はフラットだ」と実感することが、最近益々多くなってきているのだ。

どうして「世界はフラット」と言えるのか?

例えば20年前の日本とインドの関係は、決して「フラット」ではなかった。インド人として産まれるよりも、日本人として産まれたほうが、明らかに恵まれていたと言える。日本人とインド人が、ビジネスにおける「競技場」で戦う必要が生じることは滅多に無かったし、仮に戦うにしても、あらゆるルールは日本人に有利に出来ていた。競技場は決してフラットでは無かったのである。

2012年現在はどうだろう?我々日本人がインド人と ビジネスの世界で 戦うことは珍しくなくなった。それでもまだ少しは日本人に有利なハンディキャップは残っているかもしれない。しかし、今少しあるハンディキャップが、今後益々少なくなっていくであろうと言う予測に、意義を唱えられる人はほとんどいないのではないか。我々は知らず知らずの間に、「日本人である特権」に甘えてきたが、そんな特権はもう長続きしない。個人個人が「Flat World」と言うハンディの無い世界で、インド人や中国人達と戦わなければいけないのだ。

悲観すべきことばかりではない。

「情報の伝達」も、明らかにフラットになった。20年前は、テレビや大手新聞を頂点としたマスコミが高い位置にあり、その他の人々は低い位置しかいなかった。水が上から下に流れるかのごとく、情報伝達もほぼ完全な一方通行でしかなかった。マスコミに縁の無い「普通の人」が何らかの情報発信をして、それを多数の人に広めることは「広告料」に莫大な資金を費やさない限りは、どだい不可能なことだった。

2012年の現在なら、何の資金も持たない「普通の人」が、何百万人を相手に情報発信をして、世論の動向を変えてしまうことは決して不可能なことではない。普通の人々でも、平らな競技場で大手マスコミと戦うことができるのだ。

下記は、「フラット化する世界」からの抜粋。
グローバリゼーション3.0は、世界をSサイズからさらに縮め、それと同時に競技場を平坦に均した。また、グローバリゼーション1.0の原動力が国のグローバル化であり、2.0の原動力が企業のグローバル化であったのに対し、3.0の原動力--これにたぐいまれな特徴を与えている要素--は、個人がグローバルに力を合わせ、またグローバルに競争をくりひろげるという、新しく得た力なのである。
ちなみに英語オリジナルだとこちら。
Globalization 3.0 is shrinking the world from a size small to a size tiny and flattening the playing field at the sama time. And while the dynamic force in Globalization 1.0 was countries globalizing and the dynamic force in Globalization 2.0 was companies globalizing, the dynamic force in Globalization 3.0 --- the force that gives it its unique character --- is the newfound power for individuals to collaborate and compete globally.

このフラットな世界に住んで(まさにLiving in the Flat World)、これから私はどうすればよいのだろう?

少なくとも私にとっては、このブログでの個人での情報発信を続けることこそ、今一番やらなければならないことだと思っている。その理由を、物凄く端折って書くと、下記の通り。
・私の周りで起きている多くのことは、今後世界が「より極端にフラット化」するための要因なのではないか。
・そうした出来事をただ漠然と見て感じるよりも、こうして文章化したほうが整理しやすい
・情報発信を続けることが、フラットな世界を生きていく上での武器になるかもしれない。


取り留めの無いエントリになりましたが、今後も情報発信は続けます。よろしくお願いいたします。

今日からBlogタイトル変更

<2012年4月8日追記>
実は当ブログは、過去に2度の「ブログ名変更」をしている。つまり、現在の「Living in the Flat World」と言うBlogタイトルは、”三代目”のブログ名称になる。

下記のエントリは、1回目のブログ名変更をしたときのもの。二代目のブログ名称は、「Lecture notes in Psychohistory」と言う難解で長ったらしいものだったが、個人の思い入れはそれなりに強いものだった。その思い入れについて語っているこのエントリは、今となってはマヌケな内容になってしまっているが、あえて記録として残しておこうと思う。

--------------------------------------------------------
ちょっとした大人の事情があって、本日からブログのタイトルを変更した。
新Blogタイトルは「Lecture notes in Psychohistory」!
ほとんどの人には意味不明のタイトルだと思うので(ある意味それを狙っている)、今日のエントリでは、このBlogタイトルの意味を説明しておきたい。

「Lecture notes in Psychohistory」は、日本語で書くと「心理歴史学の講義ノート」になる。
「心理歴史学」と言うのは、あるSF小説に出てくる架空の学問分野のことで、詳細は後述するが、数学的な計算によって「未来予測」をある程度の正確性をもってできるようにするものだ。

傲岸不遜も甚だしいことではあるが、このBlogでも心理歴史学のように何らかの未来予測ができれば良いな、との思いを込めたかったのが一つの理由。そして何より、この架空の学問が登場するSF小説「ファウンデーション」の一連のシリーズと、その作者であるアイザック・アシモフが大好きなので、それにあやかったタイトルを付けたかったのだ。

架空の学問「心理歴史学(Psychohistory)」が登場するのは、こちらの「ファウンデーション」と言う小説の中。
ファウンデーション
Amazonでの購入はこちら

【小説のあらすじ】
天才数学者のハリ・セルダンは、「個々の人間の行動を予測することは難しくても、十分な数の集団の行動であれば、かなりの正確性で予測できる」とする「心理歴史学」を確立した。その心理歴史学の計算によれば、現在隆盛を誇る銀河帝国は近いうちに崩壊し、それを止める手立てはもはや無い。崩壊の後には暗黒の時代となってしまうが、このまま何もしなければ3万年続く暗黒時代を、30分の1の期間の千年に短縮することなら、心理歴史学を駆使すればまだ可能だ。
その方法とは、帝国の中心から遠く離れた最辺境の惑星に科学者を集めて、「銀河大百科事典」を編纂するための財団(ファウンデーション)を設立することだった(!?)。当のファウンデーションは、隠された真のミッションを知ることもなく、百科事典を完成させるために、近隣の惑星や帝国本体との戦争の危機を何とか切り抜けていく。そして思わぬ成長を遂げていくことになる。


【山田の書評】
この小説は私の最も愛する小説で、何度も何度も読み返したが一向に飽きなくて、読むたびに新鮮な驚きを与えてくれる。上で説明した「心理歴史学」は、出版された1942年時点では単なる空想上の学問でしかなかったが、その「十分な数の集団であれば予測が立てられる」と言うコンセプトは、現代の様々な学問で使われていると言える。
「心理歴史学」を創作した、作者のアイザック・アシモフの未来予測能力には感服するばかりだが、この小説の最大の驚きは「巨大組織崩壊の被害を最小限にするために、遠く離れた所に新しい組織を作る」と言う戦略だろう。実はこれと同じ戦略が、1997年に出版された有名ビジネス書にも書かれている。
イノベーションのジレンマ
Amazonでの購入はこちら

この「イノベーションのジレンマ」では、現時点で素晴らしい技術を持った巨大企業も、「破壊的テクノロジー」の登場によって衰退・崩壊してしまうことが避けられれないことを示している。そしてその崩壊は、どんなに良い経営判断でも避けられないと言うのだ。(ケーススタディとして、かつてミニコンの世界で隆盛を誇っていたDEC(Digital Equipment)が、「パソコン」と言う破壊的テクノロジーの登場によって衰退・崩壊した実話を挙げている)
既存の巨大企業が破壊的テクノロジーに対処するための唯一の手段として、作者クレイトン・クリステンセンが紹介しているのが、実は50年以上前にアシモフが提唱したことと同じ「地理的に遠く離れた場所に新組織を作る」ことなのだ!

【閑話休題】
ホンダの二足歩行ロボットASIMOの名称は、公式には「Advanced Step in Innovative Mobility」の略だとされている。しかし、アイザック・アシモフの別の小説内で提唱された「ロボット工学三原則」へのオマージュとして、「ロボットASIMO」は「偉大な小説家アシモフ」を意識してつけられた名前であることは明らかだろう。
ロボットASIMO
  二足歩行ロボットAsimo

【ロボット工学三原則】
第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。


アシモフよ永遠なれ!
アイザック・アシモフ



書評「CEOスティーブ・ジョブズ 追悼号」

まさに「雨後のタケノコ」状態のスティーブ・ジョブズ関連書籍だが、
中でもこれが一番のおススメ。素晴らしい!!
CEOスティーブ・ジョブズ追悼号
                     (Amazonでの購入はこちら)

Appleとジョブズの軌跡が必要かつ十分な量でまとめられているほか、懐かしいApple製品の写真が豊富に掲載されているのも嬉しい。歴代の基調講演の解説にも多くのページが割かれており、世界に衝撃を与えた数々の製品だけでなく、徐々に痩せていくジョブズの外見の変遷が一望でき、懐かしくもあり、そして最後の姿はいかにも痛々しい。


ちなみに、スティーブ・ジョブズ関連本では、こちらがベストセラーになっているらしい。
ジョブズ本
2冊合わせて4,000円近くが払えるほどジョブズが好きでもないし、ひたすら文字だけで900ページ近い分量を読む時間を捻出できるほどApple好きでもないが、やはりAppleやジョブズは強い興味の対象であると言う、私のような人は多いと思う。このハードカバー本を買おうかどうか迷っている人は、最初に紹介したムック本がちょうど良いはず。



冒頭で紹介した「CEOスティーブ・ジョブズ追悼号」に話を戻そう。
この本で特に素晴らしいと言えるのが、大谷和利と言うライターの書いたAppleの歴史、および時々のビジネス上のポイントを書いた記事(40ページ近い分量)。ジョブズ、そしてAppleの成功の要因が独自の分析で解説されているのが良い。

中でも特に印象に残ったのが、(今となっては当たり前ではあるが)「iTunes」のWindows版のリリースを決断した理由の部分。確かに当初iTunesは、Macintosh専用のソフトウェアでWindows版はリリースされていなかった。その頃まだまだMacintoshが収益の柱だったApple社内でも、iTunesのWindows版開発は「敵の軍門に下ること」として反対意見が多かったらしい。

今になって振り返れば、このWindows版iTunesのリリースこそ、iPodがブレイクするきっかけであったし、それはその後のiPhoneやiPadでの市場優位に直結している。また、iTunesやiPodで「Apples製品の良さ」を知ったWindowsユーザが、Macintoshに乗換えした例も多かったはずだ。

ただしこのiTunes Windows版リリースを「当然の決断」と言うのは、あくまで「後だしジャンケン」での話かもしれない。ところが私自身も経験しているが、IT業界の中では競合相手に必要以上にナーバスになることが多く、長期的な戦略やりも目先のパイの分け前に必死になりすぎる傾向が強い。そんな彼らから見ると、競合はあくまで倒す相手であり、「うまく競合を利用する」と言う選択肢は全く無いようだ。部分的にしろ、競合と思われる相手と組むことは、「敵に塩を送る」だの「敵の軍門に下る」だのと忌み嫌われてしまうのだ。きっと当時のAppleにも反対派はいたことだろう。

私は以前に、こちらのエントリ(競合製品は無いと困る!)で、競合の必要性を説いた。また、かつてNECさんとのこんな話(Citrix XenDesktop による NEC VirtualPCCenterの連携強化)にも絡んでいたが、ともすると当時はCitrixの競合と思われていたNEC VirtualPCCenterとの連携を「敵に塩を送る」として、非難されたりもした。iTunesのWindows対応の事例は、その時の判断が間違っていなかったとして、勇気づけてくれるものとなった。

 
このBlogについて
シトリックス・システムズ・ジャパン
(株)
に勤務し、自社製品をこよなく愛する山田晃嗣のブログ。

このブログで表明されている見解は、私(山田晃嗣)個人のものであり、シトリックスによって承認されたものではありません。
また、必ずしもシトリックスの見解を反映したものでもありません。
The views expressed here are
mine alone and have not been
authorized by, and do not
necessarily reflect the views
of, Citrix.

ブログ作者山田晃嗣のプロフィールはこちらのページをご参照ください。

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ