当ブログではこれまで、iPad上でWindowsを動かす「Citrix Receiver」について何度か取り上げてきた。


今日のエントリも、これら「iPadでWindows」シリーズの一貫だが、あまり知られていない便利機能について取り上げる。まずは下の動画(2分弱)をご覧いただきたい。


ご覧いただいた通り、Citrix Receiverを使ってiPad上でWindowsを動作させると、傍らにあるiPhoneがトラックパッドの役目を果たして、マウス操作が出来るようになる。

iPad側にCitrix Receiverが必要なのはもちろんだが、iPhone側にもCitrix Receiverをインストールしておく必要がある。だが必要なのはそれだけ。それ以外の特別なデバイスや追加のアプリは一切必要無い。このトラックパッドは、Citrix Receiverを使ってiPad上でWindows環境を動かす場合は、かなり「役立つ」と言ってよい。

なぜ「役立つ」のか?
ここで少し、iPhone/iPadのようなモバイルデバイスのユーザインタフェースについて考えてみよう。

まず文字入力から。
そこそこの量の文字を入力する場合、iPhone/iPadのタッチ操作は「まだまだ」だ。大量の文字入力にはハードウェアキーボードを使ったほうが遥かに早く入力できる。そのためか、iPhone/iPad用のハードウェアキーボードは、アップル純正も含め、多くのサードパーティ製品が出回っている。

iPhone/iPad用サードパーティキーボードが多数出回る中で、iPhone/iPadを操作するためのマウストラックパッドは、事実上存在しない(例外は後述)。そもそも必要ないのだ。iOSの操作やiPhone/iPad用に作られたネイティブアプリの操作は、タッチ操作に最適化されているので、マウスやトラックパッドが必要になることはまず無い。

注)「iPhone/iPadを操作するためのマウスやトラックパッドは、事実上存在しない。」と書いたが、全く無いわけではない。非常に微妙な形で存在している。「Jailbreak」や「脱獄」と呼ばれるような、いわゆる「ヤバい」方法を使えば、全く使えないことは無いらしい。JailbreakによるiPadでのマウス利用に関しては、こちらのサイトに詳しく書かれている。


iPhone/iPadネイティブアプリであれば、マウスは必要無いが、Citrix Receiverのように、本来Windowsのために作られたアプリをiPad上で動かす場合、タッチ操作だけでは十分な操作が出来ないこともある。例えば、Windowsのドラッグ&ドロップの操作などはその典型例だ。私は実際にユーザーとしてiPad上でWindowsを普段使っているが、マウスが欲しくなることも時折ある。ところが、「仮想Windows」と言うiPadアプリの中では特殊なアプリ”だけ”のために、iPad用マウスを用意することは難しい。

そんな中で作られたのが、冒頭に紹介した「Citrix Receiver独自のトラックパッド機能」なのである。YouTubeの動画を見ていただければ、「かなり使える」こともご納得いただけるだろう。便利な機能であるが、iPadでCitrix Receiverを使っている人でも、この機能の存在を知らない人が少なからずいることを最近知ったため、当ブログで紹介した次第だ。



---------------
以下では、このトラックパッド機能を使うための設定方法について紹介。



まず事前準備として、iPad(操作される側)とiPhone(操作する側)双方のBluetoothの設定をオンにすること。
こちらはiPadの画面イメージ。
bluetooth1

bluetooth2

ここで若干注意すべきは、検出されたデバイスの中に、相手のiPhoneが見つからなくても問題無いので気にしないこと。

続いてiPhoneのイメージ。
01r

02r

03r

同様に、検索されたデバイスの中に、相手のiPadが見つからなくても大丈夫なので気にしないこと。


-----------
いよいよここからが、トラックパッドを使うための実際の操作。

まずはiPhone側でCitrix Receiverを起動し、「設定」メニューの「ワイヤレストラックパッド」をタップする。
04r

すると、こんな画面になる。
05r




ここからはiPad側での操作。

Receiverが映している仮想Windows画面上部の、黒い逆台形ボタンをタップする。
iPad1


黒い逆台形をタップ後に出てくる下記メニューから、「ペア」をタップ。
iPad2


すると今後はiPhone側に、下記の確認ダイアログが出るので、「はい」を選択して完了!
06r


どうが、存分にご活用いただきたい!