これまで複数のエントリで、XenAppを使った「アプリケーションの仮想化」が、標的型攻撃への対策としてどんな他の対策よりも高い効果を発揮することを書いてきた。おかげさまで複数のお客様からこの件で問い合わせがあり、実際に導入を前提に進めているお客様もあることから、書いてきたことの正当性は疑い無いものと自負している。
辛いのは、このことが(少なくとも私がこれを言い出した2ヶ月前時点では)ほぼどこにも書いていなかったことだ。どこにも書いてない以上、そのことを知っている人は極めて少ないし、せっかくの良いものも使っていただけない。その対策として始めたのがこのBlogであるし、実はそれ以外にもIT関連雑誌やWeb系のメディアにも掲載いただくように、メディア各社さんにもこのことを説いて回る活動を進めていた。
実はその活動がようやく実ったのが下記の記事。

私自身が実名で登場して内容を説明するような記事形式を取っており、書いてある内容もこのBlogで書いてきた内容にほぼ等しい。(取材を受けたとき、まさにこの内容の説明を記者さんにしている)
ただ一点、記事の内容に補足説明させていただきたいことがある。人によっては、記事を読んで混乱してしまうかもしれない「用語の使い方」があるのだ。
TechTargetの記事で「プレゼンテーション仮想化」と書かれているるものは、私がこのBlogで書いてきた「アプリケーション仮想化」のことだ。「用語の使い方」が異なるだけで、内容的には全く同じものだと考えていただいて良い。

ではなぜこのような用語の使い方の違いが出るのか?
端的に言うと、「プレゼンテーション仮想化」はマイクロソフトの用語で、「アプリケーション仮想化」はシトリックスの用語だ。この2社で用語の定義が異なるために、このような面倒なことが起きてしまっている。
この種の用語定義が各社で異なる問題の場合は、「多数決」で決められることが多いと思うが、ただその「多数決」も単純ではない。「単純な会社の数」だけでなく、「声の大きい会社」や「影響力の大きい会社」には、それだけ「多数決に参加する人数」も増やす権利があるらしいのだ。したがってこの件に関してもマイクロソフトの影響力は当然大きく、おそらく記者さんもそれに倣った用語の使い方をするのは当然のことだろう。

シトリックスとしたら、「長いものには巻かれろ」とマイクロソフト用語に揃える選択肢もあるはずで、他の多くの用語で実際そうしているが、この「アプリケーション仮想化 vs. プレゼンテーション仮想化」の用語の違いに関しては、なぜか自己主張を通している。
まあ、個人的にも「プレゼンテーション仮想化」はしっくり来ないし、一般の人もイメージ掴みにくいと思うので、シトリックスの用語の使い方を支持したい。だからと言って、マイクロソフト用語を否定することも出来ないので、私が出来ることは、混乱を招かないように2社の用語の使い方の違いをこのように説明することだろうか。

もうひとつ混乱を招きそうなので説明が必要なことがある。実は、マイクロソフトが『アプリケーション仮想化』と言う用語を使うこともあるのだが、それはシトリックスが言うような「画面転送を使ったアプリケーション配信」ではなく、「アプリケーションの中身そのものをネットワークで配信」する技術のことだ。
具体的には、こちらに説明のある「App-V」と言うテクノロジーのこと。


それにしても、この種のIT用語って判りにくい。「人によって会社によって用語の定義が大きく異なる」ことは、なにも今回挙げた例だけではない。また、「名前から受けるイメージと実態が大きくかけ離れている」ことも珍しくない。
これら用語の判りにくさが生み出す誤解は、この業界にいる人々の無駄な労力をかなり浪費しているはずなので、用語を決める権限を持つ人たちには、さらに努力していただきたいところ。
まあ、その判りにくさを解消するために、私のような人間がいるわけなのだが・・・