会社から新しい携帯電話が支給された。最新のiPhone 4Sである。と同時に、2年間お世話になったiPhone 3GSを返却することになった。その別れの記念の意味も込めて、新旧2つ並んでパチリ。
      左:iPhone 4S         右:iPhone 3GS
iPhones
 
「3GS と 4」あるいは「4 と 4S」の比較はよく行われていても、ひとつ間を挟んだ「3GS と 4S」の比較は、あまり行われていないのではないか。実際は私のように2年周期で機種を変える場合が多いので、2年越しのモデル比較は重要だと思うのだが、マスコミ的には地味なネタになってしまうのかもしれない。

さて、新しいiPhone 4Sを手にしての感想.

予想や期待よりも遥かに進化していて驚いた!

まず明らかな違いがそのスピード。かつては3GSでも概ね問題無く使えていたのだが、最近iOS5に上げてから、かなりイライラするほど遅くなっていた。特にSafariブラウザでの複数ページ切り替えは、必ず一呼吸固まった状態を挟むために相当イライラささられていた。それが4Sでは、同じiOS5でも「一呼吸固まる」と言う動きは全く見られず、実に快適にスムーズに動くようになった。ムーアの法則の恩恵が大部分かと思うが、iOS5自体が4Sのハードウェアに最適化されているのかもしれない。

次にディスプレイの鮮やかさ。言われている解像度の違いまでは分からないが、色合いは明らかに異なる。最初に紹介した写真でも、4Sのディスプレイのほうが鮮やかに写っていることをご確認いただけると思う。さらに角度をつけた下の写真は、それがさらに顕著になる。

iPhones2


斜めから見ると、3GSでは色合いが相当に薄れて霞んでしまうが、4Sではまだまだ鮮やかに見える。ちなみに、4Sは液晶カバーを付けていて、3GSでは返却するために液晶カバーを外しているので、条件的には3GSのほうが良いはず。それでも4Sのほうが、遥かに色合いは良い。

あとは細かい話だが、カメラにフラッシュ機能がついたことはありがたい。実は昨日、同僚の送別会があって、飲み屋の暗い店内で写真を撮ったのだが、十分に明るい写真が撮ることが出来たのは実にありがたかった。


ちなみに、古い3GSから新しい4Sへのデータ移行は、こちらの手順により実に簡単にスムーズに出来た。アドレス帳、写真、メール、曲データの全て完璧。このあたりは、ガラケーよりも遥かにユーザ本位と言ってよい。各種パスワードのみ移行できず、手動での再入力となるが、これは「正しい仕様」とのこと。