Living in the Flat World

「世界はフラットになっている」と考えれば、世の中の変化も少し違った見方ができるはず!その考え方のもと、ITを中心に日常生活から世界のニュースまで幅広い題材を取り上げるブログ。

「教科書の再発明」に隠れた真のイノベーション

Steve Jobs 亡き後も、そのDNAはAppleに引き継がれていると思わせる発表だった。2012年1月19日に発表された「教科書の再発明」と謳われた、あの発表のことだ。
教科書を再発明
誤解しないで欲しいのだが、私は「教科書(教材)を電子化してiPadで見られるようにしたこと」を特段凄い事だとは思っていない。教材の電子化は、「e-Learning」と言う名前で何年も前から実現されているし、既にビジネスとしても十分成立している。

では何が凄いのか?

磐石のビジネスモデル(端的に言うならば「後はラクして儲かる仕組み」)を作り上げたことだと思う。発表された後に「後だしジャンケン」で振り返れば、至極シンプルかつロジカルなビジネスモデルなのだが、今まで誰もやっていなかった。それをまたAppleが「発明」してしまったのだ。

例の「教科書の再発明」でAppleがリリースしたものを、もう少し詳しく見てみよう。これを紹介したテレビの映像などでは、いかにも利用する子供たちの興味を引きそうな、美しくて迫力のあるiPad上の教材の映像が流されていて、思わずそちらに興味が行きがちだった。しかし、Appleは「教材のコンテンツ(中身)」そのものは作っていないし、今後も作らないはずだ。

Appleが作ったものは何だったのか?

1つは、コンテンツ作成者用のツール「iBooks Author」
iBook Author
おそらくこのツールは、AppleとiPadの強みを活かして、コンテンツ作成者にとって飛び切り使いやすく魅力的なツールになっているのだろう。多くのコンテンツ作成者がこのツールで創造意欲を掻き立てられて、今後良質のコンテンツが充実していくことが予想できる。

2つ目は、電子書籍をiPad上で見るアプリ「iBooks 2」
iBook 2
既存のe-Learningアプリよりも、魅力的で使いやすいものになっていることは、少し見たテレビの映像から用意に創造できる。パソコンでのマウス操作よりも、iPadのタッチ操作は、特に教育分野では魅力的だ。

注目すべきは、新たに発表された上記2つのアプリが、いずれも無料で提供されることだ。
ではAppleは、どのようにお金を儲けるのか?


答えは既に運用中の「iBookstore」にある。これはいわば、Appleが経営する「電子書店」であり、「iBooks Author」を使って作成した電子書籍は、「iBookstore」が独占販売するのである。iBook Authorを使って誰かが電子書籍を作り、それを誰かが買うと、売り上げの一部が自動的にAppleに入ってくる。つまり、自らコンテンツを作らなくても、無料ツールに引寄せられて集まってきたコンテンツ作成者がコンテンツを作ってくれる。そしてそのコンテンツの売り上げの一部が、自動的にAppleの懐に入ってくるのだ。

実に素晴らしいビジネスモデルだ!
お賽銭


それにしても、言われてみればこんな簡単なことを、どうして今まで誰もこれを実現できなかったのだろう?

ひとつの理由として考えられるのは、「iPadと言う電子書籍に適した魅力的な端末があって初めて実現できた」と言う考え方だ。確かにWindowsパソコンでは、このモデルは成立しにくいかもしれない。

では、ハードウェア的な造りはだけならiPadに近いAndroidタブレットを使った電子書籍ビジネスは成り立つのか?これは深い問題なので、次回のエントリにて。

妻に iPod Touch をプレゼント

スマートフォンの購入を検討したが、「月々5千円以上のパケット定額は、いくらなんでも高すぎる!」と思って、購入を躊躇している人や、既に諦めた人は多いと思う。そんな人たちに、声を大にして言いたい。

「まずは、iPod Touch を買いなさい!」と。

一番安いモデルであれば、パケット定額3か月分でおつりがくる。無線LANのある家の中でなら、ほぼスマートフォンと同様に使えるので、まずこれで3ヶ月は様子を見るべきだ。

外出の少ない人で、「家の中で使えれば十分!」と思った人は、引き続きガラケーとiPod Touchを使えばよい。

「これは素晴らしい!これなら月々5千円以上払っても、屋外で使いたい!」と思った人は、パケット定額を払って、スマートフォンに乗り換えれば良い。iPod Touchの購入費用約1万5千円も、あながち無駄にはなっていない。

実は私もそのように考えて、妻にiPod Touch をプレゼントした。
iPod Touch

話は数ヶ月前に遡るのだが、それまで使っていた妻の携帯電話(au)が購入後2年経過しようとしていて、他キャリアへの乗換えか機種変更かを検討し始めたのがこの話の発端。

妻の周りでも、スマートフォンを使い始めた友達が増え始めたらしく、彼女もかなりスマートフォンに興味がある模様。しばらく携帯電話ショップを巡って、iPhone だの Android だのを見て回ったが、月々5千円以上も必要な「パケット定額」が、スマートフォン購入の最大のネックだと気がついた。

これまで使っていたガラケーでは、妻は典型的なライトユーザーで、自分から通話することもWebを閲覧らすることも滅多になく、もっぱら実質無料の携帯メールを中心に使っているのみだった。月々の使用料は、基本料金など全て合わせても3千円もかかっていなかったはず。

それがスマートフォンでは、一気に倍以上になってしまうのだ!!
これはいくらなんでももったいない。


そこで考えたのが、携帯電話は引き続きガラケーを使ってもらい、(機種は変更して新しいものにした)  それとは別に iPod Touch をプレゼントして、せめて家の中ではスマートフォン気分を味わってもらおうと言うもの。

結果は大成功!
専業主婦で外出の少ない妻は、十分にこれで満足している。

既に無線LAN環境の整っている家の中であれば、ほぼiPhone と同じように使える。使えないのは「電話番号を使った電話」だけだ。「電話番号を使った電話」などとわざわざ書いたのは、Apple純正のFaceTime や、Skypeであれば使えるからだ。

<FaceTime利用時のイメージ>
FaceTime

繰り返しになるが、「スマートフォンに必須なパケット定額は高すぎる!」と思う人は、是非iPod Touch を。

マカオ雑感

1月8日から12日の5日間、会社の研修でマカオに滞在していた。

私が勤めるCitrixでは、1月の年度スタート時に社員を集めた研修イベントを行うのが慣例になっている。数年前までは、本社のあるフロリダに世界中の社員が集まっていたのだが、昨今では社員の数が増えすぎて一箇所に集めるのは難しくなったらしく、全世界を2つに分割して開催されるようになった。「アジア太平洋地区」の研修イベントとしてマカオで開催されるのは、去年に引き続き今年が2回目。実はこちらのエントリで紹介した「Start with Why」は、1年前のマカオでの研修で教材として使われたものだ。

研修の内容自体は、残念ながら現時点ではBlogで公開することは出来ないので、それ以外の面でのマカオ滞在に関する雑感をまとめておきたい。

-----------------
真っ先に印象に残ったのが、諸外国から来た同僚達から、真っ先に震災のことを聞かれたこと。かなり心配してくれていたらしい。多額の寄付をしてくれた者もいて、そのお礼を言うとともに、今の日本の現状を「大丈夫」と言うべきか「大丈夫じゃない」と言うべきか自分でも分からなくなってしまい、ましてやそれを英語で説明しなければいけないものだから、相当に苦労したことを覚えている。

研修は、「City Of Dreams」と呼ばれる、カジノを中心に複数のホテルが集まる施設内のイベント会場を借り切って行われた。
City Of Dreams Macau
ここは豪華そうな施設の割にはレンタル料金が安く、円高もあって日本で同程度の設備を借りるよりも相当に安価にすむらしい。にわかに信じ難いが、参加した社員の飛行機による移動費を加えても、マカオ開催のほうが安く済むとのこと。

ホテルの室内は、ちょっとした大名気分だが、これでも一泊二万円以下。
Room of Grand Hyatt Macau



研修施設のある一角は、「コタイ地区」と呼ばれ、かつては海だったが比較的最近(2000年頃)に埋め立てられた地区らしい。マカオの観光資源である豪華なカジノが立ち並び、建物だけを見るとLas Vegasと勘違いしそう。

<こちらは研修会場すぐ隣の、マカオのVenetian Resort>
Venetian Macu

<こちらは本家Las VegasのThe Venetian>
Las Vegas The Venetian


Venetianホテルは、Las Vegasが「本家」かもしれないが、「Venetian」のコンセプトは、実はイタリアの都市ベネチアのいわばパロディー。それだけでなく、Las Vegasと言う町自体が、Venetianやエジプトのルクソールなど、世界中の都市文化のパロディーなわけで、さらにそのLas Vegasを真似たマカオは、「パロディーのそのまたパロディー」と言う、何とも微妙な位置づけになっている。

とは言っても、マカオのカジノの売上げ規模は、本家Las Vegasを上回っているらしいので、パロディーだからと笑ってばかりもいられない。
そのマカオのカジノに大金を貢いでいるのは誰かと言うと、かの製紙会社の御曹司のような日本人も一部いるかもしれないが、大半はお隣中国の富裕層なわけで、超大国中国の底力を身をもって実感したような気がした。


ご多分にもれず、研修に参加した同僚のCitrix社員たちも、そこそこの金額をカジノに貢いでいたようす。私はと言えば、賭け事には全く関心がないので、研修以外はもっぱら食事を楽しんでいた。

全般に美味しい中華料理が食べられるが、なかでも絶対にお勧めなのが「六棉酒家」

最初はホテルのコンシェルジュに薦められて行った店なのだが、本格中華料理が実に美味しいうえに、信じられないほど安い!!(一人3千円程度で、相当豪華なものが食べられる) 
この店は「地球の歩き方」にも載っていないし、Webで調べても日本語での紹介記事は非常に少ないので、観光客よりも地元の人々をターゲットにした店なのだろう。穴場と言ってよい。
そのためか、この店の唯一の難点は、店員に英語がなかなか通じないこと。

以下、六棉酒家で食べた料理の写真いくつか。
六棉酒家

六棉酒家

六棉酒家

六棉酒家

六棉酒家

六棉酒家

六棉酒家

六棉酒家

六棉酒家

こんなのばかりを、たらふく食べていたので、帰国後は恐ろしくて体重計に乗ることが出来ない。

(Las Vegasの写真以外は、全てiPhone 4Sのカメラで撮影)

YouTubeと著作権

以前からずっとやりたかったのだが時間が無くて実行できなかったことがあった。大昔のバンド活動時のアナログビデオで録画した動画をYouTubeにアップすることなのだが、年末に家族が帰省したタイミングでようやく実施することが出来た。

いくつか投稿したうちの、もっとも出来が良い演奏がこの下の動画

(画面右の白服が2002年時点の私) 

投稿したその他の動画はこちら 

投稿した動画は、2002年頃まで私が参加していたアマチュアバンドの活動の様子。ほとんどの曲が、カシオペアと言う、プロのバンドのカバー曲で、YouTubeへの投稿に関しては、著作権に関するひっかりがあったことも事実だ。「まあYouTubeではおおっぴらに皆やっているけれど、厳密には著作権を侵害しているのだろうな。」との考えもあり、これまで実際の投稿を躊躇していた。

恥ずかしながらごく最近になって知ったことなのだが、著作権で保護されている楽曲でも、自ら演奏したものであれば、YouTubeへの投稿は問題ないらしいのだ。こちらこちらの記事にもあるように、日本国内の音楽著作権を管理する団体「日本音楽著作権協会(JASRAC)」が、YouTubeと包括的な契約を結んでおり、YouTubeの利益から一定額が、JASRACを通して楽曲の著作権者に払われているとのこと。 

JASRACとYouTube包括契約の締結が2008年10月で、私がそれを知ったのが2011年末。随分と遅れたコメントで恐縮なのだが、それにしてもこの契約はJASRACの素晴らしい判断だと思う。 

カセットテープやビデオテープに始まって、CD-RによるCDのコピー、携帯音楽プレーヤーによる音楽の「データ化」など、著作権は常にテクノロジーの進歩と言う難題に立ち向かってきた。このような対立構造が生まれた場合、往々にして古い者(例えばJASRAC)は、新しいもの(新しいテクノロジー)を全面否定する方向に行きがちだ。JASRACも、当初はYouTubeに投稿された「著作権侵害動画」を都度削除依頼で対応していたらしい。

このような新旧の対立構造の場合、古い者の指摘は的を得ていることが多い。新しいものには必ず「問題」が付きまとうのだ。しかし、物凄い勢いで普及しようとする新しいテクノロジーを止めることは不可能と言える。それは歴史を見れば明らかだ。であれば古い者は、新参者をうまく利用する方向に発想を切り替えたほうが良い。JASRACの判断は、まさにそれを狙ったものだ。

現代では、「あの曲が聴きたいな」と思えば、CDを買わずともYouTubeで探せば、大抵の曲を聴くことが出来る。これはある意味恐ろしいことで、本来最も保護されるべきミュージシャンの利益を損なうかもしれないし、仲介業者であるところのレコード会社やCDショップのビジネスは本当に苦しくなるだろう。

ただし考え方を変えれば、新しいビジネス創出のチャンスでもある。音楽的な観点で見ても、無名ミュージシャンが、純粋に実力主義で評価されて世の中に認められる可能性が高まったことは確かだ。例えば、こちらのエピソードは、YouTubeが無ければ絶対にありえなかった、シンデレラストーリである。 

2011年を振り返って<その4> 震災を振り返って(下)

注:このエントリを実際に執筆しているのは、2012年が明けてからのこと。ただし文章の構想を練っていたのは2011年末であり、時系列をすっきりさせるために、エントリの日付を2011年末とさせていただいた。 

震災当日の出来事と、そこから得られた教訓については、一昨日昨日のエントリにまとめた。今日のエントリでは、震災後数日間の少々特殊な生活について記録しておく。


■震災後一週間の「在宅勤務」
私が勤務するシトリックス・システムズ・ジャパン(株)は、震災後数日間の社員へのケアに関しては、かなり胸を張って自慢できるような素晴らしいことが出来ていたと思う。これはおそらく、他の企業のモデルケースにもなりえると考えるので、ここに詳しく説明しておく。

震災が発生したのは金曜日。その後の土曜日と日曜日は当然会社を休むとして、「震災3日後の月曜日の勤務をどうしたか?」については、企業によって対応がまちまちだったのではないかと思う。シトリックスでは、震災翌々日の日曜日に全社員に次のような内容の通達がまわってきた。「月曜日は会社には来るな。基本は在宅勤務しろ。もちろん休暇でもOK。」

この通達には重要なポイントが2つある。

ポイント1つ目は、「出社しなくて良い」ではなくて、「出社するな」だったこと。この2つは似ているようで似ていない。3月11日の震災後しばらくは、実際に余震も度々起きていて、遠方に通勤することと、それによって家族と離れることに関しての安全性の懸念は、拭い去ることは出来なかった。家族の安全を思えば家を離れたくないが、まだまだ多くの日本人のマインドには、家族と言う「私」よりも企業人としての「公」を優先することを美徳とする文化は残っている。「出社しなくてよい」と言う通達では、使命感の強い一部の人々は仕事を優先して会社に来るだろうし、必要以上に悩んでしまう人も多いだろう。その点、「出社するな」と言う通達は、安心して家族と一緒にいられる実にありがたい通達だった。

2つ目のポイントは、「休暇を取れ」ではなくて「休暇を取っても良いけど、基本は在宅勤務しろ。」だったこと。この通達も、社員には実にありがたかった。震災後しばらくは、家族と離れたくない気持ちが強い一方で、仕事が完全に無くなるわけでも忘れられるものでもない。また、強制的に有給休暇を消化させられることに不満を持つ人もいるだろう。多くの日本企業が、少なくとも日常では「会社に行って仕事をする」か、「休暇をとって家に居る」かの2つの選択肢しか用意していないため、今回のような非常時には、その狭間で悩むことになってしまう。
幸いなことにシトリックスでは、「在宅勤務」は制度的にもITインフラ的にも普段から認められていたことなので、震災後に在宅勤務を標準にすることに迷いは無かったようだ。家族と一緒に過ごしながら、お客様などへの迷惑を最小限にできるよう必要な仕事を進めることが出来たことは、公私両面で安心できる材料となった。

冒頭にも申し上げたとおり、これらシトリックスの対応は、十分にモデルとして他の企業の参考にしてもらえるものと自負している。会社としても、下記のような広報記事を作っているので、是非参照していただきたい。

「震災後、シトリックスの在宅勤務を支えた2つの制度」


■計画停電
震災後しばらくの間、我が家がもっとも悩まされたのは、余震でも物資不足でもなく、この「計画停電」だった。停電中の不便や不安もさることながら、大きな不満を感じたのはその「不平等さ」だろう。首都圏の家庭や企業が、均一に停電にあうなら「仕方がない」と言う気も起きるが、しばらく後に同僚に聞いたところによると、大多数が「一度も停電などしていない。」と言っていた。いったいどのような基準で、「停電してはいけないところ」と「停電してもよいところ」が区分けされたのだろう?一般家庭である我が家はまだ「不安」「不便」「不満」で済んだが、計画停電によって経済的・経営的な打撃を受けた企業の怒りはどれくらいだったのだろうか。

今更怒ってみても生産的ではないので、計画停電によって「貴重な学習が出来た」と割り切っている。せっかくなので、今後同じような「計画停電」が行われる場合の教訓を、広く共有しておきたい。ただし、これはあくまでも「一般家庭」としての対策である。残念ながら企業様には役に立たない。

・一番良いのは外出すること
計画停電は、ある程度の地理的な範囲に限定して行われるので、その範囲から抜け出れば全く別世界となる。車などが使えて簡単に抜け出せるものなら、停電エリアを脱出してしまうのが、一番有効な対策となる。ただし「脱出」は停電実施前がのタイミングで行うのが望ましい。なぜなら信号機も止まってしまうので、クルマでの走行も危険を伴うからだ。

・二番目は「寝る」こと
停電がある程度遅い時間なら、布団に入って寝てしまおう。これも停電自体が基本的に気にならなくなる。ただし、停電解除時の電気周りのチェックはすべきなので、例えばお父さん一人くらいは、停電解除後に起きたほうが良い。

・冷蔵庫に食糧を溜め込みすぎない
上記の「外出する」あるいは「寝る」の対策を取っても、悩みとして残るのは冷蔵庫の食糧のことだ。この時の計画停電は、幸いなことに寒い時期だったので大きな被害はなかったが、生肉や冷凍食品などは、過度に溜め込むべきではないだろう。

・iPadでのYouTube動画視聴は、かなり使える
3時間近い計画停電の間、ほぼ真っ暗な中で「何も出来ない」と言うのは、かなりストレスが溜まる。我が家で役に立ったのは、iPadを使ってYouTubeの動画を再生して家族で楽しむことだった。事前にフル充電しておけば、iPadのバッテリーは停電期間中も十分に持ってくれるし、3G回線も生きていてくれた。もちろん、iPadでなくても、バッテリーで動作可能なノートPCなら同様なことが出来るはず。


もちろん、二度と同じようなことは経験したくはない。「計画停電」は、地震のような天災とは違って、防ぐことは十分に可能だと思うのだが。
このBlogについて
シトリックス・システムズ・ジャパン
(株)
に勤務し、自社製品をこよなく愛する山田晃嗣のブログ。

このブログで表明されている見解は、私(山田晃嗣)個人のものであり、シトリックスによって承認されたものではありません。
また、必ずしもシトリックスの見解を反映したものでもありません。
The views expressed here are
mine alone and have not been
authorized by, and do not
necessarily reflect the views
of, Citrix.

ブログ作者山田晃嗣のプロフィールはこちらのページをご参照ください。

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ