Living in the Flat World

「世界はフラットになっている」と考えれば、世の中の変化も少し違った見方ができるはず!その考え方のもと、ITを中心に日常生活から世界のニュースまで幅広い題材を取り上げるブログ。

印象操作と言葉の裏の吟味

さて読者のみなさん、下記の赤字で書いた文を読んでどのような印象を持たれるだろうか?

福島第一原発事故から出た放射性物質による東京都民への被ばくの量は、原発事故が起きなかった場合に比べて10%以上も増加していることが分かりました。
また、東京都が事故直後に食品の出荷制限や乳児用のボトルの水を配布するなどの措置を取ったことについては、措置を取らなかった場合に比べて被爆量の低減効果は、せいぜい2分の1から3分の1程度にとどまると推定されるとのことです。

なんか漠然とした不安を感じないか?

では一方で、下記の青字で書いた文ならどうだろう?

福島第一原発事故から出た放射性物質により東京都民がこの1年間で追加して受けた被ばく量は、事故前の通常の生活に比べて数分の1から10分の1程度と推定されることが分かりました。
また、東京都が事故直後に食品の出荷制限や乳児用のボトルの水を配布するなどの措置を取ったことについては、29%から44%被ばく量を低減させる効果があったと推定されるということです。

なんとなく、安心できるような気もする??


もう一度双方を、よーーーーーく読んでいただきたいのだが、青字の文と赤字の文は、論理的には全く同じ事を言っている。違うのは「表現の仕方」だけだ。それにしても印象は随分異なるが。

赤字文も青字文も、別に私が勝手に創作したものではなくて、今日3月12日の「東大のプロジェクトチーム」とやらが発表したことを伝える下記のマスコミ記事を元にしたもの。
(この種のニュース記事は、しばらく経過すると消されてしまうので、イメージキャプチャも取っておいた。)


MSNニュース





テレ朝ニュース

テレ朝ニュース


いずれの記事でも、上記青字のような「安心させる」書き方をしている。果たして本当に安心して良いのだろうか?
東大が発表したこれらの数値データが、不安を感じるべき値なのか、安心して良い値なのかを判断できる科学的知識を、私は残念ながら持っていない。それでも、日本語の文章の不自然さを感じ取ることならできる。
元記事にある「この1年間で追加して受けた被ばく量は、事故前の通常の生活に比べて数分の1から10分の1程度」などと言う表現は、まず第一印象として理解しにくく、それゆえに胡散臭さを感じてしまう。



この種の「公式発表」の場合、多かれ少なかれ「印象操作」のようなことが行われるのは普通だろう。それを聞く側も、「言葉の裏」を吟味するリテラシーは求められる。
ただそれにしても、今回の東大プロジェクトチームの「印象操作」は稚拙に過ぎるが。

震災から1年

あの震災から、ちょうど一年が過ぎた。
震災で被災された方々には、あらためて心よりのお見舞い・ご冥福をお祈りいたします。

今日はテレビ各局とも震災関連の特番が放送され、私も家族と一緒にそれら番組を見ていたた。それにしても、改めてテレビで振り返ると、その被害の大きさに言葉を失う。いくつか思ったこと、考えたことはあるが、震災「全般」に関して今すぐこのBlogで語ることは、私には少々荷が重過ぎる。

今ここで何か言えることがあるとしたら、「目をそむけない」「忘れない」の2つだろうか。自分としてどのように行動を起こすかは、少しずつ少しずつ、このBlogに記していきたい。


過去のエントリの紹介になってしまうが、震災での個人的な体験とそこから得られた少しばかりの教訓は、下記の一連のエントリにまとめてある。

あの震災の被害と、そこからの復興に対しては、あまりにも無力すぎる私の文章ではあるが、今後の防災面で少しでも読者の皆様の役に立てば、こんな嬉しいことはない。

「”新しい” iPad 」 買ってみた

「iPhone 5」が登場しなかったのと同様に、「iPad 3」も出てこなかった。今回のエントリは、それにまつわる”ゆるい”話を。

■まずはとにかく注文してみた
「iPad 3」が出てこようが出てこなかろうが、スゴい機能があろうが無かろうが、とにかく「新機種が出たらすぐに買う」と事前に決めていたので、昨日(3月8日)の時点で注文してしまった。3月16日には発送されてくるとのこと。
新iPad注文画面
上の図で分かるとおり、今回は店頭には一切出向かず、iPhoneアプリの「Apple Store」を使って、オンラインで注文した。

私のように、事前に「これを買う」と決めておければ、iPhoneアプリを使ってのオンライン購入は非常に便利。クレジットカードの情報などは、「App Store (Apple Storeと間違えないでネ)」用に既に登録されているので、改めて入力の必要無し。少々面倒だったのは、配送先の住所を入力することだけか。

実は私も実際に注文するまで知らなかったのだが、Apple Store での購入の場合は、無償で刻印が入れられれるとのこと。これについても何を入れるのか若干悩んだが、上記図にあるような刻印にした。「愛社精神の発露」も少しあるのだが、「自分の名前を入れると、再販がしにくい」「妻の名前や子供の名前を入れるガラでもない」と言うことで、消去法で残ったと言うのが事実。


■なぜこうも慌てて注文したのか?
私のことをよく知る人なら、まるで衝動買いのような今回の私の行動に、きっと驚いていると思う。私は(少なくともCitrix社員の中では)「新しいもの嫌い」で有名で、新しいモノに飛びついて買うことなど「絶対に」と言えるほどしない。

そんな私が、なぜ今回ばかりは新製品に飛びついたのか?

「新製品が欲しいから」が直接の理由ではない。現在私はiPad 2 を所有しているが、現在の機能・性能に十分に満足しており、しばらくこれを使い続けても良いと思っていた。ちなみに、過去のエントリで紹介した、こちらこちらの動画デモは、その個人所有の iPad 2 を使って撮影している。

実は「妻の両親に iPad をプレゼントしたいから」と言うのが一番の理由。

私自身の父親は、何年も前からそれなりにパソコンを使いこなして楽しんでいる。ところが残念ながら義理の両親は、数年前にパソコンを購入はしたものの使いこなすには至らず、パソコンは実質「置き物」になってしまっている。そんな義理の両親にも、iPad であればそれなりに楽しめるのだろうと言うのが今回の狙い。iPad なら本当に誰でもできるゲームが充実しているし、何よりも遠くにいる孫たちとのFaceTimeでのテレビ電話は、これぞ「キラーアプリ」と言えるものだ。

当初は、義理の両親のために新しいものを購入することを考えていたのだが、それはそれで問題もあることに気がついた。先方がかえって恐縮してしまい、高価な「お返し」買われてしまうことはほぼ間違いないのだ。もちろん、そんな「お返し」に負担をかけることは本位ではない。そこで思いついたのが、「新しいのを買って古いものがいらなくなった。捨てるわけにもいかないので、どうぞ使ってください」と渡す方法だ。これなら、先方を過度に恐縮させることはないだろう。

あとは時期の問題。小学校の春休みを利用して、妻と子供たちは名古屋の実家に帰るので、そのタイミングで持ち帰ってもらう為には、早く注文しないといけないのだ。

おかげさまで、3月16日には「新しいiPad」が届く。春休みまでに、「古いiPad (?)」を綺麗な状態に戻すには、十分な時間があるだろう。

「VMware View vs. Citrix XenDesktop」YouTube動画の動作環境

前回のエントリで、VMware View 5.0 と Citrix XenDesktop 5.5 の描画性能を比較した動画デモを紹介した。(下記画像、またはこちらのリンクのクリックでYouTubeページにジャンプ)
YouTubeでのVMware View比較
YouTubeに投稿したこの動画は、おかげさまでかなりの反響を集めており、公開して5日足らずで400回以上も再生されている。アクセスは日本からだけでなく、米国、オランダ、台湾、オーストラリア、ドイツなど、世界中から来ていることも、YouTubeの再生レポート機能から知ることが出来た。
YouTubeの再生回数レポート


----------------
で、ここからが今日のエントリの本題。
例の動画を撮影した際の、ハードウェア/ソフトウェアの種々の条件について説明したい。

■システム全体
概略下記の図のようなシステムを構築したうえで動画を撮影した。(図をクリックすると拡大)
テスト環境
基本的な考え方としては、「VMware View 5.0」と「Citrix XenDesktop 5.5」の2つの製品が、出来る限り公平かつ平等な条件下で競えるように狙った。その一環として、ネットワークなどの条件が同一であることを示すために端末(End Point)は1台のみ使用し、VMware View 5.0 と XenDesktop 5.5 の双方の仮想デスクトップを幅広ディスプレイを使って同時に表示させている。


■サーバーハードウェア
まず、サーバーとして用意したハードウェアは下の写真の2台。いずれも富士通製の「PRIMERGY MX130 S1」であるが、まったく同じスペックものを用意して両陣営に1台ずつ与えている。
蛇足ではあるが、この機種は、本来は正式には日本で売られていない海外向けの小型サーバーで、通販などで格安で販売されている。この実機検証に大いに協力してくれたCitrixの同僚、島崎聡史が個人所有しているものだ。
Fujitsu Primergy MX130 S1

■仮想インフラ と仮想マシンのスペック
それぞれ、もっとも相性が良いはずのものを利用した。つまり、VMware View 5.0 では vSphere 5 を使い、Citrix XenDesktop 5.5 では、XenServer 6.0 を使った。
また、仮想デスクトップとして接続する仮想マシンには、平等になるよう両陣営のVMにメモリを2GB、仮想CPUを2つ与えている。


■ソフトウェアのバージョンと設定
それぞれ2012年2月時点での最新のバージョンを利用した。
いずれの製品でもソフトウェアの設定は、最低限動作可能な範囲で、デフォルトのままの設定にしている。


■回線遅延シミュレーター
Ethdelay
この製品は、上記図のようにコンパクトで手頃な値段(標準価格で1台59,000円)の割りに、「遅延に分散を与える」と言った、高度な回線模擬が可能なので、非常にお勧めである。動画後半のデモでは、このシミュレータを使って、ネットワークの帯域を最大3Mbpsに絞るとともに、往復で200m秒程度(値の分散あり)の遅延のあるネットワークを模擬している。

 

類似競合製品は無いと困る!Part2

まずは読者の皆さんに算数の問題。
とてもお腹がすいていて、少しでも多く何かを食べたいとき、下記のA) と B) のどちらを選ぶべきでしょう?
独占と競合

算数問題の正解は B)。

円の面積は「半径×半径×円周率」で求められるので、計算するとB)のほうが少しばかり大きくなる。
A) (20/2)×(20/2)×円周率=約157 平方cm
B) {(30/2)×(30/2)×円周率}÷2=約176.6 平方cm

数学的センスのある人ならば、電卓を使ってここまで計算しなくても、「面積は、長さの二乗に比例する」ことですぐにB) のほうが大きいことを感じ取れるだろう。一方で、直感を信じてA) のピザを選ぶ人も少なからずいるのではないか。

別に算数の話をしたいわけでなく、いわゆる「ハイテク製品」のマーケティングが、今日のエントリの主題。マーケティングの世界でも、「円形ピザパイ1枚独占が究極目標」として、「シェアの取り合い」に血眼になることは多い。一方で、強力な競合とパイを分け合うことになったとしても、「ピザパイの直径自体を大きくすべき」と考えて、うまく競合を活用して市場全体を大きくすることに活路を見出すこともある。市場が既に成熟してしまった製品(例えば自動車)では、前者の「パイの奪い合い」にならざるをえないが、(例えばかつてのスマートフォンや、現在のタブレット端末のように)市場自体がこれから大きくなりうる市場では、一社独占の状態よりも競合がいたほうが市場の拡大は促進される。

当Blogでは、3ヶ月以上前に「類似競合製品は無いと困る!」と言うエントリを書いたが、これはまさに競合によって市場自体を大きくする考え方の紹介だった。競合の存在によって、なぜ市場が大きくなるかと言う理由が説明してあるし、実例のひとつとして、AppleのiPhone の売上げが、競合であるはずのAndroidの登場によって、競合の無い独占状態のときよりもむしろ大きく伸びたことを示した。興味のあるかたは、是非上記リンクをクリックして過去エントリも見ていただきたい。


------------------ 


で、実はここからが本題なのだが、「シンクライアント」あるいは「デスクトップ仮想化」と呼ばれるような分野も、現時点では市場自体がまだまだ小さくて、これから市場を大きくしていかなければならない分野と言える。

かつてCitrixは、画面転送を使った「シンクライアント」あるいは「デスクトップ仮想化」の市場で、ほぼ一社独占の状況にいた。そんな中、2006年頃によく似た画面転送技術を使って、競合として新たに市場に参入してきたのがVMwareさん(敬意を込めて「さん」づけします)だった。このことをきっかけに、「シンクライアント」あるいは「デスクトップ仮想化」の市場が活性化し、市場規模自体も大きくなったことは間違いない。お客様からの引き合いも、メディアに取り上げられることも多くなったと実感している。さらには、少なくともCitrixの売上げは、VMwareさんのデスクトップ仮想化市場参入以来伸び続けているのだ。

ただし、デスクトップ仮想化の市場全体が活性化してきたとは言っても、「普通のパソコン」に比べれば2012年現在のデスクトップ仮想化市場は、まだまだ小さい。デスクトップ仮想化市場をさらに大きくするためには、Citrix側の製品・サービスの改善はもちろん、「複数製品の適切な競争」によって市場自体を盛り上げる必要があると強く考えている。

そんな興味もあって、VMwareさんの最新デスクトップ仮想化製品「VMware View 5.0」を実際に動かしてみて、強力な競合になりうるかどうかを検証し、その結果の動画をYouTubeにアップした。まずはご覧になっていただきたい。




 
最終的な評価は、実際に製品を購入するお客様や、そのお客様への提案とシステムのインテグレーションを行う販売パートナー様に委ねたい。

この検証内容の詳細については、次回のエントリで紹介する。
このBlogについて
シトリックス・システムズ・ジャパン
(株)
に勤務し、自社製品をこよなく愛する山田晃嗣のブログ。

このブログで表明されている見解は、私(山田晃嗣)個人のものであり、シトリックスによって承認されたものではありません。
また、必ずしもシトリックスの見解を反映したものでもありません。
The views expressed here are
mine alone and have not been
authorized by, and do not
necessarily reflect the views
of, Citrix.

ブログ作者山田晃嗣のプロフィールはこちらのページをご参照ください。

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ