Living in the Flat World

「世界はフラットになっている」と考えれば、世の中の変化も少し違った見方ができるはず!その考え方のもと、ITを中心に日常生活から世界のニュースまで幅広い題材を取り上げるブログ。

音声入力! これこそ新しいiPadに買い換える一番の理由

最初に結論を書く。
「新しい iPad」(以降では新iPad と呼ぶ)では、テキストの音声入力が出来る。
新iPad音声入力

この機能の出来は凄く良くて、かなり使える。
加えて、(Appleから大っぴらに広報されていないが)iPad 2 以前の古いiPad ではこの機能は使えない。もし今旧来型iPad を所有している人が新iPad に買い替えるべきかどうかの決め手は、Retinaディスプレイでも高解像度カメラでもなく、この音声入力機能なのではないかと思う。


まず、どれだけ「使い物になるか?」について。
今日のエントリの導入部のパラグラフ(上に書いた部分)を、新iPad の音声入力を使って、実際に入力したものが下記の青字のテキスト。上部の「お手本」と比べて欲しい。
(明らかな間違いのみ赤字にした)
-----------------
最初に結論を書く
新しいiPad以降ではiPadと呼ぶ(文字抜け)テキストの音声入力ができる
この機能の出来はすごく良くてかなり使える
加えてアップルからおおっぴらに広報されていないがiPad to以前の古いiPadで(文字抜け)この機能は使えない
もし今旧来型iPadを所有している人が新iPadに買い替えるべきかどうかの決め手は
ベティーナディスプレーでも高解像度カメラでもなくこの音声入力機能なのではないかと思う
-----------------

私がキーボードから手動で行った作業は、入力を区切ること(ひとつの改行までが、一度の音声入力で区切った範囲だ)と、区切った後にテキストに改行を入れたことのみ。漢字変換なども、全て自動でやってこの結果である。

・明らかな間違いは5箇所。
・句読点や鍵カッコ、カッコは入力できない
・「Apple」にしてほしかったが「アップル」となった(「iPad」はカタカナにはならなかった)
・音声入力してから、文字が表示されるまで、「ひと呼吸」待たされる

人によって「使える or 使えない」の評価は分かれるかもしれないが、私はこのレベルなら「素晴らしく使える」と思う。

PCのハードウェアキーボードに比べると、iPad のソフトウェアキーボードはまだまだ使いにい。入力のスピードはかなり落ちる。一方で、iPad を使えば使うほど、テキスト入力の必要性は高くなり、ストレスも増してしまう。ソフトウェアキーボードの使いにくさは、やはりiPad がPCを超えられない大きな理由のひとつになっている。

ところが、音声入力を使えば、文字入力のスピードは、ソフトウェアキーボードよりも相当に早くなる。間違いや、句読点やカッコも、補助的にキーボードで手動入力すればよい。

なお、私はこの音声入力機能の「使い方」について、全くと言って良いほど調査や学習をせずに使っている。「何も学習しなくても十分に使えるくらいに簡単」なことと、「ひょっとしたら、コツを身に付けることで認識や漢字変換の精度が上がって、もっと良くなるかもしれない」ことは、強調しておきたい。


2012年3月21日追記:
その後いろいろ調べた結果、下記の句読点・カッコ・改行なども、次のように入力できることが分かった。
、:とうてん
。:まる
(:かっこ
):かっことじ
「:かぎかっこ
」:かぎかっことじ
改行:かいぎょう

ただ、これらの使い方に関するApple公式の情報は、どうしても見つけることが出来なかった。
ご存知のかたがいれば、是非教えてください。 


-------------------------------------
以下は、この音声入力機能に関して、少し視点を変えた話。

残念ながら、この「新しいiPad の音声入力機能」に関してのAppleのメッセージは凄く分かりにくいと思う。もっと強くかつ分かりやすくアピールすれば、「旧型 iPad からの買い換え」がずっと促進すると思うのだが・・・

まあ、AppleにはAppleの思慮、もしくは(やむをえない)事情もあるかもしれないので、ここはAppleに変わって、この私が新iPad の音声入力の説明を引き受けることにしましょう。
特に、分かりくい点や誤解されている点を整理してみたい。

・「Siri」と「音声入力」は別物!
「音声入力」とは、口で話した言葉をテキスト情報に変換してくれる機能のこと。あくまでキーボード入力の代替でしかない。
一方で「Siri」は、音声入力を利用して、「電話をかけろ」とか「○○について調べろ(検索しろ)」のような、口頭での命令でデバイスを操作する仕組みのこと。

この違いが良く分からない状態で、例えばこちらのサイトのような「新しいiPad では、音声アシスタントSiri が使えない」と言う情報が、新iPad発表後にネット上に広がった。この時点では、多くの日本人がSiriも音声入力も使ったことが無かったので、理解のしようがなかったのだ。
少なくとも当時の私は、「単純な音声入力=Siri」だと思っていたので、「Siriが使えない=音声入力が出来ない」と解釈してしまった。このように解釈した人たち、あるいはいまだにそのように思っている人は少なからずいるのではないか。実際に新iPad を手にとって触るまで、私もこの誤解は解けていなかったと思う。


・「音声入力」はiPad 2以前の旧型iPad では使えない。新iPadだけで使える
このこと自体は上でも書いたが、明確に書かれている記述は少ない。本家Appleのサイトの記述も、非常に分かりにくい。

まず、AppleのWebサイトの新iPadを紹介するメインページでは、「Retinaディスプレイ」「iSightカメラ」「iLifeとiWork」「超高速ワイヤレス」の4つが説明されていて、その中に「音声入力」の説明はない。

Apple Web Site


その下の階層にある新iPadの「特徴」を説明するページで、ようやく音声入力に関する記述を見ることが出来るが、このページこそ「分かり難さ」を増徴させる要因になってしまっていると思う。
新iPad特徴


上の図のように、「音声入力」は「iOS」や「iCloud」と同じグループで説明されている。ところが、「iOS」や「iCloud」は、新iPadのみで使える機能ではなく、旧来のiPadでももちろん使えるものだ。であれば、同様に記述されている「音声入力」も「旧来iPadで使える」と誤解されても仕方が無いのではないか。

特に、過去のiPhone/iPadのことをある程度知っている人ほど次のように考えるだろう。
「これまで、新しいデバイスの発表と相前後して、『新しいバージョンのiOS』もリリースされた。『新しいデバイスの新機能』と謳われて紹介された機能の多くが、実際は『新しいiOSの新機能』であり、iOSのバージョンアップさえ行えば、旧型デバイスでも新機能を使えた。画面解像度やカメラは、ハードウェアに依存するから旧型iPadでは使えないのは当然として、音声入力はソフトウェアの機能なので、iOSのバージョンアップで、旧型iPad でも使えるだろう。」

上記の青字のような考え方は、音声入力機能に限って言えば間違いである!!

Appleさん、新しいiPadの音声入力に対してはかなり誤解されているはずです。
それを正すようなメッセージを出されるべきだと思いますよ。
新しいiPad への買い換えを躊躇している旧型iPad ユーザの中の相当数が、
音声入力欲しさに買い換えるのではないでしょうか。

新しいiPad vs. iPad 2 カメラ機能比較

前回のエントリで予告したとおり、「新しいiPad 」(以降では「新iPad」と呼ぶ)とiPad 2 との比較についてまとめる。私は現在、iPad 2と新iPadの2つを所有しているが、こちらのエントリで書いたとおり、古いiPad 2 はもうすぐ名古屋にいる義理の両親の元に行くので、並べた比較が出来るのはあと1週間だ。

今日のエントリの主題はカメラ機能について。Retinaディスプレイと並んで新iPad のもうひとつのウリはどうだろう?

まず最初に残念だったことを。
iPhone 4Sに装備されているフラッシュ機能が無い!
iPhone 4Sのフラッシュは暗闇の撮影で重宝していたのだが、なぜか新iPadでは搭載を見送られたようだ。期待していただけに少々残念。


単純にカメラを起動して2つのiPad を並べると、まず最初に分かるのが新iPadのほうが視野角が広いこと。下記の図は、同じ条件でそれぞれの最大視野角で撮影した画像の比較。
【左がiPad 2で、右が新iPad。】
iPadPhotos1
もちろん、いずれの写真も同じ距離から撮影している。

それぞれの液晶ディスプレイに表示されるカメラ画像を見ると、画像の美しさやきめ細かさは、新iPad が明らかに優れている。ただし、そのような比較をした場合、ディスプレイの差も含んでしまうので、純粋にカメラ機能の比較とは言えない。あくまで撮影された画像データの比較で行うべきだ。

そこで、iPad 2 と 新 iPad 、それぞれで同じ被写体、同じ条件で撮影した画像データをEvernoteを使ってWindows PCに転送し、そのWindows PC上で画像ファイルを比較した。

まず、それぞれの画像データのファイルサイズおよび画素数が、まるで異なる。
iPad 2 カメラで撮影した画像:228KB ~720×960 (約69万)画素
新iPad カメラで撮影した画像:1.18MB ~1936×2592 (約500万)画素
いわゆる画素数で言うなら、10倍近い差になる!

それぞれ同じ画素数分だけ切り取って比較すると、下記の図のようになる。
【左がiPad 2で、右が新iPad。】
iPadPhotos2
ただしこの「画素数の違い」が、本来求めるべき「写真の総合的な良さ」にどれだけ結びつくのか、専門外の私には論評できない。こちらこちら、さらにはこちらなどでも書かれている通り、「画素数が多いからと言って、画質がよくなるとは限らない」のは、ある程度カメラを知っている人なら常識の範囲のことだからだ。

もっと色々条件を変えて、明るい場所などで撮影したうえで比較する必要があるだろう。確実に言えるのは、むやみに写真を撮り続けて新iPad内のみに保存すると、iPadのディスクスペースを圧迫しかねないことだろうか。


カメラはこれくらいにして、次回は「あまり知られていないが重要な新機能」だと思われる、「音声認識」の機能についても紹介するつもりだ。


新しいiPad 買った・届いた・触った・比べた

こちらこちらのエントリにも書いていたが、予定通り「新しいiPad」が、本日2012年3月16日(金)に我が家に届けられた。今日のエントリでは、写真を中心に短いレビューをお届けする。
届けられたのは13時ごろ。ヤマト運輸の宅急便で運ばれてきた。下の写真の下段が、運ばれてきた際の紙箱。いたって小さなサイズ。
iPadPackage
 
運んでくれたヤマト運輸のお兄さんの手には、さらにもうひとつ同じ箱があったので、今日配送された人が、私以外にも同じマンションにも少なくとも一人以上はいるらしい。

紙箱の外側には、「Assembled in China」の文字。
assembledinChina
中国から直接発送されたようだ。

箱を開けて、実物を触った瞬間に感じたのは
「分厚くなっている」
と言うこと。

iPad 2 と比べると、こんな感じ。 
thickness
こうして比べると明らかだが、比べる必要が無いくらいにすぐ分かるほどの厚さの違いがある。うーーん、iPad 2の軽さ薄さが気に入っていただけに、これには「がっかりした」と言うのが正直なところ。


一方、最大の「売り」であるところの解像度の上がったRetinaディスプレイも、見た瞬間の「奥行き感」が明らかに違う。

比べた画像が下記で、左がiPad 2 で、右が新しいiPad。
Retina

同じWebサイトをiPad 2 と 新しいiPad の双方で表示させ、その表示をiPhone 4Sのカメラで至近距離から撮影した。上記画像は、是非クリックして拡大してみていただきたいのだが、「明らかに違う」と言ってよいだろう。

今日はとりあえずこれくらいにして、明日以降にカメラの性能なども比べてみたいと思う。


「新しいiPad」に見るAppleの戦略 ~「キャズム」と「イノベーションのジレンマ」的考察

6日前のエントリに書いたように、「新しいiPad」を発表後にいち早く発注した。下記の通り、既に発送されたらしいので、何事もなければ明日3月16日(金)に我が家に届けられるはず!
AppleStore
 
偶然その日は、長女の幼稚園卒園式のために有給休暇取得予定なので、かなり早い時間に触ることが出来そう。本当に楽しみだ。

ここからが今日の本題だが、
私の期待はさておきこの新しいiPad、「期待はずれ」との声も多く聞かれる。

まずは天下の朝日新聞が、「新iPad 肩すかし」との見出しで報じた。(こちらのサイトで、そのイメージがご覧になれる)

ネットでは、下記2つのBlogが「期待はずれ派」の急先鋒だろうか。

確かに今回の発表では、驚くような新技術も新機能もなく、何らかの「サプライズ」を期待していた人たちから見ると、肩すかし感は否定できない。私も、発表直後は正直言ってがっかりした。

ところが、「ハイテクオタク」的な発想を離れて、純粋にビジネスの観点で見てみると、Appleのなかなかにしたたかな戦略が見えてくる。その際にベースとなる考え方は、当Blogで何度か取り上げた「キャズム」理論と、「イノベーションのジレンマ」理論の、両巨頭とも言える2つのビジネス理論だ。

■まずはキャズム理論による説明から
キャズム理論によると、画期的なテクノロジを用いた新しいタイプの製品の場合、それを購入しようとする顧客の層は、下図のように分類される。
chasm
1) ハイテクオタクが真っ先に購入し、進歩派がそれに続く。

2) さらにその後に実利主義者や保守主義者が購入するようになると、
  製品の販売は大きく伸びる。

3) ところが進歩派の購入動機と実利主義者の購入動機には
  大きな隔たり(キャズム)がある。
  進歩派に対して成功したマーケティング戦略は、実利主義者には通用しない。

4) ハイテク製品で商業的な成功をおさめるためには、
  この隔たり(キャズム)を意識して、
  実利主義者に訴えるマーケティングを行わなければいけない。

この理論に従い、「Appleは、いよいよ本腰を入れてキャズムを乗り越え、実利主義者層や保守主義者層にiPadを売ろうとしている。」と考えると、Appleのやっていることは極めて理にかなったものに見えてくる。

ではその実利主義者や保守主義者は、自分たちがお金を払って購入する製品に対して、具体的に何を望むだろうか?

驚くような新機能・新技術だろうか?
答えは「No」。
それを望むのは、ハイテクオタクと進歩派だ。新しいiPadに対してサプライズ技術が無かったと失望しているのは、これら新しいもの好きの層であり、Appleは「それらの層には既に十分にiPadは浸透した」と判断したのだろう。


値段の安さだろうか?
まさに「Yes」。
今回のAppleの発表の中で、見逃しがちであるが実は非常に重要なポイントとして、「値下げされて併売される iPad 2」があると考えている。昨年12月の「AndroidタブレットがiPadにどうしても勝てない3つの理由」と言うエントリの中で、「Appleは、iPadの販売価格を下げようと思えば、いつでも下げることができる」と書いた。とは言っても、ただ闇雲に値段を下げるだけでは、Android陣営との消耗戦になり、さらにはブランド価値も落としてしまう。
「新しいiPad」でブランド価値を維持しながら、「旧型iPad(iPad 2)」で価格重視の実利主義者を取り込んでいくと言うのは、非常にうまいやり方だと思う。新型と旧型で、多くの部品を共通化しているのも、コスト競争の点では有利だ。


何年も同じものを使い続けたいか?
これも「Yes」。
「新製品が出るたびに買い換える」のは、ハイテクオタクや進歩派に特有の行動。実利主義者は決してそのようなことはせず、製品が完全に陳腐化するまで同じものを使い続ける。その期間は、長ければ長いほどよい。
製品がモデルチェンジの度に大きく変わのは、旧型機種の陳腐化を促進してしまう。今回の新しいiPadの機能・性能の向上はいたってマイルドだが、それは「Apple製品は、そこそこ長く使い続けられますよ」と言う、実利主義者や保守主義者に向けたメッセージとも受け取れる。



■次にイノベーションのジレンマ理論による説明を
「本当に旧来のテクノロジを破壊し新たな市場を作る技術と言うものは、旧来のテクノロジとは不連続な革新を伴う」と言うのが、「イノベーションのジレンマ」の触りの部分。
innovation

iPad は、パソコンに対する破壊的技術になるだろうし、iPod は、旧来のポータブルオーディオプレーヤーを破壊した。時代を遡れば、パソコンAppleII は、汎用コンピュータを破壊した。

「iPad」と言う枠組みの中で、いくら凄いハードウェア的な新技術が実装されたとしても、それは持続的な進歩でしかなく、「破壊的テクノロジ(=不連続な革新)」にはなりえない。

上で、「Appleは実利主義者層に狙いを移した」と書いたが、別にハイテクオタク層や進歩派層を見放したわけではないと思う。たまたま今回のiPadの発表ではフィットしなかっただけだ。スティーブ・ジョブズのDNAがApple社内に生きていれば、誰も予想に出来ない「破壊的テクノロジ」の製品を、また出してくれると思う。それに期待しよう。

ちなみに、スティーブ・ジョブズ亡き後に行われたAppleの発表の中では、「教科書の再発明」こそ最も「破壊的技術」になりうるものだと思う。これに破壊されるであろう旧来技術は、グーテンベルク以来の歴史を誇る「紙の本」だ。



・・・などと言った屁理屈は抜きにしても、明日の「新しいiPad」の到着が待ち遠しい。


NHKさん、恐れ入りました! ~実に分かりやすい「シンクライアント」の説明

普段私が売り歩いている製品は、「デスクトップ仮想化」あるいは「アプリケーション仮想化」などと分類されているものだ。ただ残念ながらこれら製品は、まだ一般の人たちには馴染みは薄い。それがどんなもので、どこで使われて、どんな役に立つのか、一般の人(企業ITに関わる以外の人)に説明するのは結構難しい。例えば、私の妻、両親、仕事外の友人などは、私が勤めている「シトリックス」と言う会社が、いったいどんな製品を作っている会社なのか、おそらく分かっていない。当初説明を試みたが、あまりにも分かってくれないので、そのうち私も諦めてしまった。

しかし、そんな説明に苦労した時の「救世主」になりうる材料を発見した!!

こちらのNHKのサイトにある、「クローズアップ現代」のダイジェスト動画を是非ご覧になっていただきたい。重要なポイントは、2分20秒から始まる、リコージャパンさんのテレワーク(後述)に関するドキュメンタリーのうち、3分30秒くらいからの一連の説明。是非注目を!!
クローズアップ現代
 

番組中では、「シンクライアント端末」と呼んで説明しているが、サーバーも含めたシステムとしては、これはまさに「デスクトップ仮想化」の説明に他ならない。

それにしても、番組では「シンクライアント端末」を題材に、「どんなもの」で「どこで使われ」て「どんな役に立つ」のかが本当に誰にでも分かりやすく説明されている。さすがNHKさん、難しいことを誰にでも分かりやすく説明することに関しては、プロ中のプロなのだろう。私自身も、普段から分かりやすい説明を心がけているつもりだが、これには負けた。NHKさん、本当に恐れ入りました。

なお、ダイジェスト動画に加えてこちらのリンクには、2012年3月8日に放送された約30分の番組の全ての内容がテキスト台本として公開されている。いや、NHKさん、これ本当に素晴らしいです!!


------------------
さて、同じNHKの番組ダイジェスト動画を題材にしつつも、テーマを変えた話をしたい。

元々このときの番組のタイトルは、「仕事は会社の外で ~広がるテレワーク~」と言うものだった。「テレワーク」と言う言葉自体も、まだ誰でもが知っている用語とは言えないと思うので改めて説明するが、自宅や外出先など、「会社の外で仕事をすること」を「テレワーク」と呼んでいる。

私の勤めるシトリックス・システムズ・ジャパン(株)では、事業としてテレワークの利用を促進するソフトウェア製品を製造・販売している一方で、働く社員自身も制度的にテレワークの利用が奨励されている。

私自身、昨年の震災後の交通が麻痺して余震の心配も拭えぬ中、このテレワークの制度のおかげで本当に助けられた。過去のエントリにて、そのことを詳しく紹介している。

また会社としても、こちらこちらのように「震災後、シトリックスの在宅勤務を支えた2つの制度」とのタイトルで運用の実態を公開し、これからテレワークを導入しようとしている企業に参考にしていただけるようにしている。(下図は、Citrix社員の実際の在宅勤務のイメージ)
在宅勤務
 

これらCitrixの事例に加えて、冒頭で紹介したNHK「クローズアップ現代」は、日本企業がテレワークを推進するうえでの、強力な推進材料になったと思う。

番組で述べられていたテレワークの利点は明快だ!!
・営業マンの訪問件数は以前の1.5倍まで増えた(生産性向上)
・時間を有効に使えるため早めに帰宅する日が増えた(社員満足度向上)
・節電効果
・万が一端末を紛失しても情報漏えいの心配は無い(セキュリティリスク低減)

さらには、被災地の復興にさえもテレワークは役に立つ!
人手不足の首都圏の企業の仕事を、職を求める被災地の人たちにも担ってもらえるし、逆に震災で被害を受けた企業の再建に、必要な人材を首都圏からも確保しやすくなる。


以下は、私からの切実なお願い。
日本企業の経営層の皆さん、もっと「テレワーク/在宅勤務」を推進できるよう、(ITインフラなどのハード面は後回しにしでも良いので)就業規則などの制度面の見直しを是非すすめてください。
上記したように、テレワークの利点は明快なのですが、多くの日本企業では、就業規則や、そもそも経営層を含めた社員の意識の持ち方と言ったソフト面が、テレワーク推進にあたってのもっとも大きな障害になっているのです。

もちろん在宅勤務を実際に行うためにはITインフラの充実も欠かせないでしょう。しかし、技術的な問題は既に克服されていると言ってよいです。課題があるとしたら予算の確保くらいですが、「生産性1.5倍アップ」で、費用は簡単に回収できます。是非もう一度、NHKさんのWeb動画を、じっくりとご覧になってみてください。


このBlogについて
シトリックス・システムズ・ジャパン
(株)
に勤務し、自社製品をこよなく愛する山田晃嗣のブログ。

このブログで表明されている見解は、私(山田晃嗣)個人のものであり、シトリックスによって承認されたものではありません。
また、必ずしもシトリックスの見解を反映したものでもありません。
The views expressed here are
mine alone and have not been
authorized by, and do not
necessarily reflect the views
of, Citrix.

ブログ作者山田晃嗣のプロフィールはこちらのページをご参照ください。

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ