Living in the Flat World

「世界はフラットになっている」と考えれば、世の中の変化も少し違った見方ができるはず!その考え方のもと、ITを中心に日常生活から世界のニュースまで幅広い題材を取り上げるブログ。

AndroidタブレットはiPadを凌駕するか?

Sony TabletやSamsungのGalaxyをはじめ、Androidタブレットの出品ラッシュが続いている。
Androidタブレット

これだけ色々な機種で賑やかになってくると、タブレットとして先行し既に市場に受け入れられているApple iPadとのシェア争いが面白いネタとなる。私は以前にこちらのエントリ(類似競合製品は無いと困る!)で書いたように、Androidタブレットの登場は、Appleに対する援護射撃にこそなっていても、iPadのシェアを脅かす存在にはなっていないと思っている。実際、通勤電車の中でiPadを開いている人は時折見れど、Andoroidタブレットを開いている人にはいまだかつて一度も出会ったことがない。読者の皆さんもそうなのでは?


ただ、上記のような私の考えは少数派のようで、「かつてWindowsの登場がMacをマイナーな存在に押しやったように、Androidタブレットもそのオープン性を武器に、iPadを凌駕するシェアを獲得するだろう。」と考えている人は多いようだ。

------------------------------------------------------------
ジョブズはスタイルやイメージの演出が卓越していることは認めますが、iPhone、iPad、iTunesが世界を変えたと思わないのです。ジョブズ後のこれらのツールはその閉鎖性の故に衰退するに違いありません。
------------------------------------------------------------

また、こちらのサイト(「iPad」がAndroidに敗れ去る5つの理由)でも、それなりにもっともらしい理由を挙げて、iPad衰退の理由を挙げている。


確かにかつてのMacintoshは、Windowsとの戦いに敗れ去って大きく市場シェアを落としてしまった。その最大の要因が、動作プラットフォームに関する「閉鎖性」であったとする説に反対する人は少ないだろう。歴史で「IF」が語られることは多いが、「もしもWindowsがリリースされるよりも早く、Appleが、Mac OSを他のPCベンダーに提供していたら?」と考えてみるのも面白いものだ。

しかしここで改めて断言したい。
今回のiPadとAndroidタブレットの戦いは、かつてのMacとWindowsのようにはならない!と。
少なくとも、iPadの閉鎖性とAndroidのオープン性が理由で、Androidが市場に受け入れられることは無い。

もちろん、Apple陣営が未来永劫に市場を寡占し続けることはありえず、いつかはシェアを落とすこともあるだろう。もしもそのようなことがあるとしたら、例えば次のようなケースだろうか。
1) 極めて強い人気を持つ特定のアプリ(もしくはサービス)が、iPadで使えないケース
(例えば、Googleマップ機能のiOS版の出荷をGoogleが停止するような事態)
2) 極めて多くの数のデバイスが必要な特定用途で、iPadが使えなくなるケース
(例えば、日本郵便の配達員全員に非iPadを持たせる決断が下るような事態)


いずれの場合も、非iPad陣営が「閉鎖性」を武器にした場合である。それゆえ非常に考えにくいケースでもある。Andoroidの本家本元であるGoogleが、Androidのオープン性を否定しても、Googleに何の得にもならないのだ。

結局何が言いたいかと言うと・・・
上で紹介したWindowsとMacの事例をもってして「閉鎖性:悪、オープン性:善」と言う図式が一般に考えられているが、「実はそんなことはないですよ」と強く言いたいのだ。

単にオープンと言うだけなら、LinuxデスクトップはWindowsよりも遥かにオープンなはずだ。ではデスクトップとしてのLinuxは一体どれだけ普及したのだろうか?Linuxはあまりにもオープン過ぎて、各ディストリビューションによって操作方法もバラバラ。キャズムで言うところの実利主義者(つまり一般の人々)にとっては、その「操作のバラバラ感」が最大の導入障壁だった。

AndroidもLinuxデスクトップと同じで、デバイスメーカによって実装もまちまち。したがって操作方法もバラバラ。一貫性のある操作性を提供しているApple製品とは、使い勝手の面で相当に差があると言わざるを得ない。

では、Androidタブレットが、iPad並の簡単操作を実現すれば(それ自体は十分実現かのうであることは認める)、iPadに脅威を与えられるのか?
いや、Androidがダメな理由はまだまだある。既に長くなってしまったので、次回以降のエントリで、そのことを書いていきたい。今日はここまで。

12月12日追記:
翌日のエントリで詳細な理由を説明。

書評「CEOスティーブ・ジョブズ 追悼号」

まさに「雨後のタケノコ」状態のスティーブ・ジョブズ関連書籍だが、
中でもこれが一番のおススメ。素晴らしい!!
CEOスティーブ・ジョブズ追悼号
                     (Amazonでの購入はこちら)

Appleとジョブズの軌跡が必要かつ十分な量でまとめられているほか、懐かしいApple製品の写真が豊富に掲載されているのも嬉しい。歴代の基調講演の解説にも多くのページが割かれており、世界に衝撃を与えた数々の製品だけでなく、徐々に痩せていくジョブズの外見の変遷が一望でき、懐かしくもあり、そして最後の姿はいかにも痛々しい。


ちなみに、スティーブ・ジョブズ関連本では、こちらがベストセラーになっているらしい。
ジョブズ本
2冊合わせて4,000円近くが払えるほどジョブズが好きでもないし、ひたすら文字だけで900ページ近い分量を読む時間を捻出できるほどApple好きでもないが、やはりAppleやジョブズは強い興味の対象であると言う、私のような人は多いと思う。このハードカバー本を買おうかどうか迷っている人は、最初に紹介したムック本がちょうど良いはず。



冒頭で紹介した「CEOスティーブ・ジョブズ追悼号」に話を戻そう。
この本で特に素晴らしいと言えるのが、大谷和利と言うライターの書いたAppleの歴史、および時々のビジネス上のポイントを書いた記事(40ページ近い分量)。ジョブズ、そしてAppleの成功の要因が独自の分析で解説されているのが良い。

中でも特に印象に残ったのが、(今となっては当たり前ではあるが)「iTunes」のWindows版のリリースを決断した理由の部分。確かに当初iTunesは、Macintosh専用のソフトウェアでWindows版はリリースされていなかった。その頃まだまだMacintoshが収益の柱だったApple社内でも、iTunesのWindows版開発は「敵の軍門に下ること」として反対意見が多かったらしい。

今になって振り返れば、このWindows版iTunesのリリースこそ、iPodがブレイクするきっかけであったし、それはその後のiPhoneやiPadでの市場優位に直結している。また、iTunesやiPodで「Apples製品の良さ」を知ったWindowsユーザが、Macintoshに乗換えした例も多かったはずだ。

ただしこのiTunes Windows版リリースを「当然の決断」と言うのは、あくまで「後だしジャンケン」での話かもしれない。ところが私自身も経験しているが、IT業界の中では競合相手に必要以上にナーバスになることが多く、長期的な戦略やりも目先のパイの分け前に必死になりすぎる傾向が強い。そんな彼らから見ると、競合はあくまで倒す相手であり、「うまく競合を利用する」と言う選択肢は全く無いようだ。部分的にしろ、競合と思われる相手と組むことは、「敵に塩を送る」だの「敵の軍門に下る」だのと忌み嫌われてしまうのだ。きっと当時のAppleにも反対派はいたことだろう。

私は以前に、こちらのエントリ(競合製品は無いと困る!)で、競合の必要性を説いた。また、かつてNECさんとのこんな話(Citrix XenDesktop による NEC VirtualPCCenterの連携強化)にも絡んでいたが、ともすると当時はCitrixの競合と思われていたNEC VirtualPCCenterとの連携を「敵に塩を送る」として、非難されたりもした。iTunesのWindows対応の事例は、その時の判断が間違っていなかったとして、勇気づけてくれるものとなった。

 

「標的型攻撃」の英訳は「Advanced Persistent Threat」

2011年11月1日のエントリで、私は「標的型攻撃」の英訳を「Targeted Intrusion」もしくは「Targeted Attack」であると書いた。残念ながらこれら私が紹介した英熟語は、間違いではないものの、あまり一般的には使われておらず、昨今のサイバー攻撃のことは「Advanced Persistent Threat」 (通称APT)と呼ばれることのほうがより一般的らしい。ここで謹んで追加・修正させていただくとともに、この種の「新技術用語の正しい英訳」に関して、いつも私が苦労していると言う話を一席と言うのが今日のエントリの主題。

---------------------------

シトリックスのような外資系のソフトウェアメーカに勤務していると、どうしても英語でのコミュニケーションを取らざるをえないことがある。英語のコミュニケーション自体が苦労の連続なのだが、特定の技術用語、特に新しくできた技術用語を「正しく英訳」することは、その中でも難易度の高いものである。

次から次へと生まれる新語でも、「和訳」の場合はそれほど難しくない。なぜなら、新語の和訳には「正解」はないので、まあ間違った意味に取られない程度の日本語にしておけば合格点なのだ。特にIT業界における新語は、オリジナルの英語こそが絶対基準であり、そこから大きく離れなければ、カタカナになろうが不自然な日本語になろうが、大きく困ることはない。極端な話、日本語を読んで「?」と思えば、オリジナルの英文を読めば良い。不自然な日本語よりも、英文のほうが分かりやすかったりすることも珍しいことではない。


一番困るのは、オリジナルの英語から訳された「日本語訳」しか分からない場合に、そのオリジナルの英語を突きとめることだ。これは本当に難しい。曖昧さが許される和訳と違って、絶対的な正解が存在するので、意味としては合っていてもオリジナルと異なれば、それは不正解なのである。

「正しいオリジナル英語」を見つけるために、私がこれまで使っていた手口は、英文を和訳したドキュメントから逆翻訳すること。例えば、当初「標的型攻撃」の英訳を「Targeted Attack」としていたのは決して直訳したわけではなく、下記を参照していたことによる。



まず下の抄訳記事を、Googleで「標的型攻撃 抄訳」と検索して見つけ、その中の原文リンクから、オリジナル英文を探し出した。この種の和訳記事の場合、英文がオリジナルなので、英語としての正しさは安心できると言ってよい。(和文が不自然なことは往々にしてあるが)

なので、「Targeted Attack」も間違いではなく、このような用語も確実に存在はしている。日本語の「標的型攻撃」も、おそらく誰かが「Targeted Attack」を和訳したものなのだろう。しかしながら、冒頭に書いたように「Advanced Persistent Attack」のほうが一般的なようであるし、少なくともGoogleでは"Advanced Persistent Attack"で検索したほうが、より深い情報が得られることは事実だ。


さらばiPhone 3GS、こんにちはiPhone 4S

会社から新しい携帯電話が支給された。最新のiPhone 4Sである。と同時に、2年間お世話になったiPhone 3GSを返却することになった。その別れの記念の意味も込めて、新旧2つ並んでパチリ。
      左:iPhone 4S         右:iPhone 3GS
iPhones
 
「3GS と 4」あるいは「4 と 4S」の比較はよく行われていても、ひとつ間を挟んだ「3GS と 4S」の比較は、あまり行われていないのではないか。実際は私のように2年周期で機種を変える場合が多いので、2年越しのモデル比較は重要だと思うのだが、マスコミ的には地味なネタになってしまうのかもしれない。

さて、新しいiPhone 4Sを手にしての感想.

予想や期待よりも遥かに進化していて驚いた!

まず明らかな違いがそのスピード。かつては3GSでも概ね問題無く使えていたのだが、最近iOS5に上げてから、かなりイライラするほど遅くなっていた。特にSafariブラウザでの複数ページ切り替えは、必ず一呼吸固まった状態を挟むために相当イライラささられていた。それが4Sでは、同じiOS5でも「一呼吸固まる」と言う動きは全く見られず、実に快適にスムーズに動くようになった。ムーアの法則の恩恵が大部分かと思うが、iOS5自体が4Sのハードウェアに最適化されているのかもしれない。

次にディスプレイの鮮やかさ。言われている解像度の違いまでは分からないが、色合いは明らかに異なる。最初に紹介した写真でも、4Sのディスプレイのほうが鮮やかに写っていることをご確認いただけると思う。さらに角度をつけた下の写真は、それがさらに顕著になる。

iPhones2


斜めから見ると、3GSでは色合いが相当に薄れて霞んでしまうが、4Sではまだまだ鮮やかに見える。ちなみに、4Sは液晶カバーを付けていて、3GSでは返却するために液晶カバーを外しているので、条件的には3GSのほうが良いはず。それでも4Sのほうが、遥かに色合いは良い。

あとは細かい話だが、カメラにフラッシュ機能がついたことはありがたい。実は昨日、同僚の送別会があって、飲み屋の暗い店内で写真を撮ったのだが、十分に明るい写真が撮ることが出来たのは実にありがたかった。


ちなみに、古い3GSから新しい4Sへのデータ移行は、こちらの手順により実に簡単にスムーズに出来た。アドレス帳、写真、メール、曲データの全て完璧。このあたりは、ガラケーよりも遥かにユーザ本位と言ってよい。各種パスワードのみ移行できず、手動での再入力となるが、これは「正しい仕様」とのこと。




標的型攻撃(7) ~DLLインジェクション~


本日トレンドマイクロさんが主催するセミナーを受講させていただいた。タイトルは「相次ぐ標的型サイバー攻撃!!今の対策に自信はありますか?」。10月末から12月初旬にかけて、札幌、仙台などの各都市で開催していたらしく、さすがセキュリティ専業ベンダーだけあって動きが早い!この日は、3回ある東京開催の最終日だったが、100名近い受講者を集めており、やはり標的型攻撃対策への関心の高さをうかがわせた。

TrendMicro
 

実際のセミナーの内容の多くは、私がこれまでにこのBlogに書いてきたことであり、標的型攻撃に対する防御の難しさを再確認することができた。トレンドマイクロさんの訴えを、誤解を恐れず乱暴に要約すると下記のようなものだろうか。

「標的型攻撃は、『これで大丈夫!」と言うような決定打はなく、いくつもの対策を多重で行う必要がある。セキュリティ総合ベンダーであるトレンドマイクロは、入口対策も出口対策でも、有効な製品を提供している。」
教科書的に言われている対策としては全くその通りであるが、「対策を継続的に運用することに、結構な手間とスキルが必要である」ことは、やはり予想した通りだった。特に出口対策においては、不審な通信を早期に「発見する」ための製品は提供していても、「発見した後にどのように行動するか?」に関しては、「別途サービスでどうぞ」となるらしい。
繰り返しになってしまうが、私が以前から提唱しているXenAppを使った出口対策であれば、手間とスキルを必要とせずに継続的な対策が可能となることを強調したい。

さて、実はここからが今日の本題。
セミナーでは、私の全く知らなかった興味深いトピックをひとつ教えてもらった。それが今日のエントリのタイトルの「DLLインジェクション」だ。これはマルウェア(悪意のあるプログラムのこと。一般的にはウィルスとも言われる)による攻撃の手法のひとつで、Internet Exolorerなどの既存のプログラムにDLL(Dynamic Link Library)を注入(Injection)することによって、その既存プログラムになりすましてマルウェアが悪事を働くと言うもの。

このDLLインジェクションがなぜ重要かと言うと、パーソナルファイアウォールによる出口対策を無力化してしまうためだ。通常のファイアウォールが基本的にポート番号などの通信の内容によって通信の許可/拒否を決めることに対し、パーソナルファイアウォールの場合は、通信を行うプロセスによって通信の許可/拒否を設定できる。DLLインジェクションを使わない素直なマルウェアであれば、そのマルウェア自身のプロセスが通信を行うために、うまく設定されたパーソナルファイアウォールであれば通信を拒否できる。

ところが、このDLLインジェクションの手法を用いると、Internet Explorer(iexplore.exe)のような通信を許可しなければならないプロセスを、マルウェアが背後から操るように通信を行うため、残念ながらパーソナルファイアウォールによる防御は役に立たないことになる。
下記はそのイメージ図。

DLLInjection



改めて言うまでもないが、この標的型攻撃は実にやっかいな代物である。そして、より一層やっかいになるべく進化する余地さえもありそうだ。
DLLインジェクションに関しては、下記のサイトに詳細が記述されている。
このBlogについて
シトリックス・システムズ・ジャパン
(株)
に勤務し、自社製品をこよなく愛する山田晃嗣のブログ。

このブログで表明されている見解は、私(山田晃嗣)個人のものであり、シトリックスによって承認されたものではありません。
また、必ずしもシトリックスの見解を反映したものでもありません。
The views expressed here are
mine alone and have not been
authorized by, and do not
necessarily reflect the views
of, Citrix.

ブログ作者山田晃嗣のプロフィールはこちらのページをご参照ください。

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ